linuxコマンド cat ファイルの内容表示

ファイルの内容を表示します。
ファイルを複数指定して表示すると、ファイルの連結に用いることができます。

スポンサーリンク



構文

cat [OPTION]… [FILE]…

主なオプション

  • -b, –number-nonblank
    行番号を付与して表示する。(空行以外)
  • -n, –number
    行番号を付与して表示する。
  • -s
    連続した空行を1行にして表示する。
  • FILE
    連結して表示するファイルを指定する。

実行例

  • 例:ファイルの内容を表示します。
    $ cat aaa.txt
  • 例:ファイルの内容を表示します。(行番号を付与)
    $ cat -n aaa.txt
  • 例:ファイルを連結して表示します。
    $ cat aaa.txt bbb.txt

cat コマンド と less コマンド

catコマンドは、テキストファイルの内容を表示するシンプルなコマンドです。基本的に、全行を表示しますから、小さいファイルを開く際に便利です。尚、表示結果がコンソールに残りますから、ちょっとした設定等を確認するのに向いています。
一方、lessコマンドは、非常に多機能なコマンドです。スクロールや検索の機能を持ち、テキストファイルの閲覧機能が充実しています。1画面では収まらないような、ちょっと大きめのファイルを見るのに適していると思います。lessは終了すると、コンソールに表示を残しません。

スポンサーリンク



One thought to “linuxコマンド cat ファイルの内容表示”

コメントは受け付けていません。