linux コマンド cd ディレクトリ変更

カレントディレクトリ(現在の作業ディレクトリ)を指定されたディレクトリへ変更します。

スポンサーリンク



構文

cd [移動先ディレクトリ]

説明・主なオプション

移動先ディレクトリを指定します。
引数を指定しない場合は、ホームディレクトリへの移動します。

  • 移動先ディレクトリ
    カレントディレクトリからの相対パス、もしくは、ルートディレクトリからの絶対パスで指定します。

ディレクトリの表現について

ディレクトリの場所指定は、便利に使えるように、色々な指定方法が準備されています。

  • ユーザーのホームディレクトリ
    ユーザーのホームディレクトリは、「~(チルダ)」で表現できます。
  • カレントディレクトリと1つ上のディレクトリ
    カレントディレクトリは、「.」で表せます。同様に、1つ上のディレクトリは「..」で表せます。もし、/home/user1にいるならば、1つ上の/homeは、「..」と指定できます。従って、「$ cd ..」とコマンド実行すると、/homeに移動します。
    1つ上に移動するのに、フルパス指定だと指定が長くて不便です。しかし、省略形の「.(カレント)」「..(カレントから1つ上)」だと打ち間違いも少なくなりますし、楽ですね。
  • 相対パス指定と絶対パス指定
    カレントディレクトリからの位置関係で考えたのが相対パス、ルートからの位置関係で考えたのが絶対パスです。状況に応じて使い分けできます。cd以外のコマンドで、ディレクトリを指定する場合も、同様の考え方です。
    例えば、前者は~/work、後者は/home/user1/workと表現します。

実行例

  • 例:絶対パス指定(/home/user1/work)で、ディレクトリ移動します。
    $ cd /home/user1/work
  • 例:相対パス指定(work)で、ディレクトリ移動します。
    $ cd work
  • 例:相対パス指定(work)で、ディレクトリ移動します。
    $ cd ~/work
スポンサーリンク



One thought to “linux コマンド cd ディレクトリ変更”

コメントは受け付けていません。