linux コマンド cut ファイルを列で抽出

ファイルを列で区切って、指定列のみ表示します。

スポンサーリンク



構文

cut [OPTION]… [FILE]…

主なオプション

  • -d
    区切り文字(デリミタ)を指定する。
    指定なしの場合は、TABで区切られる。
  • -f
    表示する列を番号で指定する。
    列は、区切り文字で区切られる。
  • -b
    表示位置をバイト位置で指定する。
  • FILE
    表示するファイルを指定する。

実行例

  • 例:ファイルの準備(TAB区切り)
    $ cat aaa.txt
    111 222 333 444 555
    AAA BBB CCC DDD EEE
  • 例:ファイルの1,3,5列のみ表示します。
    $ cut -f1,3,5 aaa.txt
    111 333 555
    AAA CCC EEE
  • 例:ファイルの1と3列目以降を表示します。
    $ cut -f1,3- aaa.txt
    111 333 444 555
    AAA CCC DDD EEE
  • 例:ファイルの準備
    $ cat bbb.txt
    111,222,333,444,555
    AAA,BBB,CCC,DDD,EEE
  • 例:ファイルの1,3,5列のみ表示します。(デリミタ変更)
    $ cut -d',' -f1,3,5 bbb.txt
    111,333,555
    AAA,CCC,EEE
  • 例:ファイルの1,3バイト位置のみ表示します。
    $ cut -b1,3 aaa.txt
    11
    AA
スポンサーリンク



One thought to “linux コマンド cut ファイルを列で抽出”

コメントは受け付けていません。