linux コマンド tar 圧縮ファイルの解凍

バイオインフォ道場、くまぞうです。

Linuxで標準的に使われる圧縮形式gzip形式(.gz)とbzip2形式(.bz2)の展開を行います。tarコマンドは、書庫化や圧縮・解凍も出来ますが、使う機会の多い解凍についてまとめます。

構文

tar [option…] file

主なオプション

  • f
    アーカイブファイルfileを指定します。
  • x
    指定したファイルをアーカイブファイルから展開します。ファイルの指定がなければ全てを展開します。
  • v
    展開時の情報を表示します。
  • z
    gzip形式の圧縮・解凍を行います。
  • j
    bzip2形式の圧縮・解凍を行います。

実行例

  • tar形式+gzip形式のファイルaaa.tar.gzを解凍・展開します。(展開時の情報をつけたいときは、vオプションを付与します)
    $ tar zxf aaa.tar.gz
    $ tar vzxf aaa.tar.gz
    
  • tar形式+bzip2形式のファイルaaa.tar.bz2を解凍・展開します。
    $ tar jxf aaa.tar.bz2
    

補足

  • bzip2形式はgzip形式よりも圧縮率が高い圧縮方式です。
  • windowsで使われるzip形式ファイルの展開を行う際は、unzipコマンドを使います。


スポンサーリンク


One thought to “linux コマンド tar 圧縮ファイルの解凍”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です