sqlite3 v3.11.0 – インストール

バイオインフォ道場、くまぞうです。

今回は、SQLiteのインストールに挑戦です。SQLiteのサイトからソースコードをダウンロードして、ソースコンパイルでインストールします。

ソースコードが2種類準備されています。configure スクリプトと TEA make ファイルが準備されている sqlite-autoconf-3110000.tar.gz を使用します。

インストール

  • 場所
    # cd /usr/local
  • ダウンロード
    # wget https://www.sqlite.org/2016/sqlite-autoconf-3110000.tar.gz
  • 展開
    # tar xvzf sqlite-autoconf-3110000.tar.gz
  • make
    cd sqlite-autoconf-3110000/
    ./configure
    make
    make install
    

インストール確認

sqlite3を呼び出して、バージョンが表示されればインストール完了です。
$ sqlite3 –version
尚、対話形式のインタープリターを起動した場合は「.exit」で終了します。
sqlite> .exit


スポンサーリンク


One thought to “sqlite3 v3.11.0 – インストール”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です