IGV 使い方 マッピングとbamのsort, index

バイオインフォ道場、くまぞうです。

IGVは、マッピング結果をわかりやすく表示することができます。bowtieでマッピングしたデータをIGVで表示してみましょう!

スポンサーリンク



bowtieでマッピング

bowtieでマッピングします。マッピング結果をSAM形式で取得します。

bowtie -S -p 4 ref_index -1 read1.fastq -2 read2.fastq mapping.sam

SAMtoolsでファイル変換

IGVのサイトによると、SAMよりもBAM形式の方がオススメと書いてあるので、SAMtoolsを使ってBAMファイルを準備します。また、IGVで読込むBAMファイルはソート・インデックスが必要なので、対応したBAMファイルを作成します。SAMtoolsは、BAMフォーマットのアライメント結果を操作するためのツール群です。

1. samtools viewでファイル変換

まずは、SAMtools viewで、SAM形式からBAM形式へのフォーマット変換を行います。

  • SAM -> BAM
    samtools view -bS mapping.sam > mapping.bam
  • BAM -> SAM(ちなみに)
    samtools view -h mapping.bam > mapping.sam

2. samtools sortでソート処理

BAMファイルのアライメントを左端の座標でソートして並べます。

samtools sort mapping.bam mapping.sort

3. samtools indexでindex付与

ソート済みのBAMファイルにインデックス付与します。コマンド実行後、mapping.sort.bam.baiファイルが作成されます。IGVでの読込みの際、名前がbamファイルと関連付けられている必要があるので、安易に名前を変更しないほうが良いです。

samtools index mapping.sort.bam

IGVでマッピング結果を表示する

ソート・インデックス対応したBAMファイルがあれば、IGVでのマッピング表示は簡単です。(操作の詳細についてまとめました。

  • IGVを起動
  • リファレンス配列の読み込み
    メニューの「Genomes」->「Load Genome from File…」で、Fastaファイルを指定します。
  • マッピング結果の読み込み(BAMファイル)
    メニューの「File」->「Load from File…」で、ソート・インデックス対応したBAMファイルを指定します。尚、読み込みフォルダにbaiファイルを置いておきます。

IGV2

スポンサーリンク