linux コマンド apt-get ・ dpkg パッケージ管理

バイオインフォ道場、くまぞうです。

パッケージ管理についてまとめます。

スポンサーリンク



パッケージ管理

UbuntuなどのDebian系システムで使われるパッケージ管理には、aptやdpkgがあります。通常は、パッケージの依存関係も考慮してくれるaptを使用してインストール・アンインストールを行い、パッケージの詳細を管理したい場合にdpkgを使うのが良いと思います。その他、パッケージの更新やパッケージの検索などを行うこともできます。尚、インストールなどの操作は、管理者権限(sudoコマンド)で実行します。

aptコマンドとdpkgコマンドの使い方

パッケージのインストール

  • apt-get install package-name
    指定したパッケージが依存するパッケージも同時にインストールします。

パッケージのアンインストール

  • apt-get remove package-name
    指定したパッケージに依存するパッケージも同時にアンインストールします。
  • apt-get purge package-name
    アンインストール時に、設定ファイルも含めて削除します。
  • apt-get autoremove
    自動インストールされたパッケージについて、使われていない全てのパッケージを削除します。

パッケージの更新

  • apt-get update
    パッケージ、及び、依存関係の最新情報を取得します。ソフトウェアの更新自体は行いません。
  • apt-get upgrade
    インストールされているパッケージを全て更新します。既存の構成と矛盾するアップグレードは行いません

パッケージの検索

  • apt-cache search keyword
    キーワードを指定して、関連するパッケージを検索します。

インストール済みパッケージ一覧と詳細情報

  • dpkg -l [keyword]
    インストール済みパッケージの一覧
  • dpkg -L package-name
    指定したパッケージでインストールされたファイル一覧を表示します。
スポンサーリンク