R 使い方 Hello World スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

Rでプログラムを書きます。今回は、プログラムの基本「Hello World!」です。

Hello World プログラム

Hello Worldプログラムは、プログラムの勉強を開始するときに、一番最初に書かれることの多いプログラムです。画面に、「Hello World!」と表示するだけのプログラムです。

Rを起動して、対話形式で以下のように入力します。

R> cat("Hello World!\n")
[1] "Hello World!"

簡単な計算

Rは、統計計算に使われることが多いプログラム言語・環境です。しかし、プログラミング言語としても面白い言語です。書き方が他の言語と異なりますが、慣れれば、とても短く・自然にプログラムを表現できます。色々と書き方を変更して、結果を確認してみて下さいね!

1~10までの合計を計算

R> data <- 1:10
R> sum(data)
[1] 55

0~10までの2刻みの数列をそれぞれlog2変換

R> data <- seq(0, 10, by=2)
R> data
[1]  0  2  4  6  8 10
> log2(data)
[1]     -Inf 1.000000 2.000000 2.584963 3.000000 3.321928

1~26のvectorとA~Zまでのvectorを文字列連結

> paste(1:26, toupper(letters), sep="-")
 [1] "1-A"  "2-B"  "3-C"  "4-D"  "5-E"  "6-F"  "7-G"  "8-H"  "9-I"  "10-J"
[11] "11-K" "12-L" "13-M" "14-N" "15-O" "16-P" "17-Q" "18-R" "19-S" "20-T"
[21] "21-U" "22-V" "23-W" "24-X" "25-Y" "26-Z"

sinカーブの描画

plot(sin, 0, 2*pi)

sin_curve


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です