C言語 コマンドライン引数 スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

プログラミングの基礎、C言語の勉強です。今回は、コマンドライン引数を使います。

スポンサーリンク



コマンドライン引数

C言語のコマンドライン引数には、argcとargv[]があります。argcには、自身のプログラム名を0番目として、引数の個数が入ります。同様に、argvには、引数で指定した文字列(ポインタ)が先頭から順番に入ります。

test_argv.c

#include 

void main(int argc, char* argv[])
{
  printf("argc=%d, argv[1]=%s\n", argc, argv[1]);
}

コンパイル

$ gcc test_argv.c

実行と結果

以下のように実行し、指定した引数などの情報が正しく表示されれば成功です。引数は、プログラム名・hello・worldです。表示情報は、引数の個数(=3)と2番目の「hello」を表示します。

$ ./a.out hello world
argc=3, argv[1]=hello

プログラムについて

printfは、””(2重括弧)内で書式を指定します。argcに続く「%d」は整数argcを表示、argv[1]に続く「%s」はargv[1]を文字列として表示します。

スポンサーリンク