R 使い方 棒グラフ グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。今回は、「棒グラフ」です。

スポンサーリンク



棒グラフ

特長

棒グラフは、棒の長さで値の大小を表現するグラフです。2つ以上のデータを比較したり、グループ毎に値を比較する場合などに用いられます。棒は、垂直方向や横方向に使われます。「0」を境に、「+」や「-」方向の表現をすることもあります。

棒グラフの描き方

組み込みデータセットのVADeathsを使用します。実際にグラフを書く場合は、ファイルから読み込んだデータを使うことが多いので、一度ファイルにデータを保存してから使います。Rで棒グラフを描くときは、barplotを使います。besideオプションについて、デフォルトのFalseでは積み上げタイプの棒グラフ、Trueで指定すると並置タイプの棒グラフになります。

> data(VADeaths)
> VADeaths
      Rural Male Rural Female Urban Male Urban Female
50-54       11.7          8.7       15.4          8.4
55-59       18.1         11.7       24.3         13.6
60-64       26.9         20.3       37.0         19.3
65-69       41.0         30.9       54.6         35.1
70-74       66.0         54.3       71.1         50.0
> write.table(VADeaths, "vadeath.txt", quote=F, sep="\t")
> data <- as.matrix(read.delim("vadeath.txt"))

> png("barplot1.png")
> barplot(data)
> dev.off()

> png("barplot2.png")
> barplot(data, deside=T)
> dev.off()

> png("barplot3.png")
> barplot(data, xlim=c(0,100), beside=T, horiz=T)
> dev.off()

グラフの例

barplot1

barplot1

barplot2

barplot2

barplot3

barplot3

グラフ描画について

棒グラフは、組込みデータ「VADeaths」をグラフ表示しました。ファイルに保存したデータを、改めて、read.delimで読込み、matrix型に変換しました。barplot1ではデフォルトの積み上げ型、barplot2ではbeside=Tを指定し、並置型で描画しました。barplot3では、horiz=Tで横向きに表示しました。

スポンサーリンク