R 使い方 パイチャート(円グラフ) グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみましょう。今回は、「パイチャート(円グラフ)」です。

スポンサーリンク



パイチャート

特長

パイチャートは、全体を丸い円で表し、各要素がどのような割合を占めるかを表すのに適しています。各要素を比較するときに用いると効果的です。

グラフの描き方

組み込みデータセットの「VADeaths」を使用します。Rでグラフを描くときは、pieを使います。年代毎のグループ比較を行います。

> VADeaths
      Rural Male Rural Female Urban Male Urban Female
50-54       11.7          8.7       15.4          8.4
55-59       18.1         11.7       24.3         13.6
60-64       26.9         20.3       37.0         19.3
65-69       41.0         30.9       54.6         35.1
70-74       66.0         54.3       71.1         50.0

> VADeaths[1,]
  Rural Male Rural Female   Urban Male Urban Female 
        11.7          8.7         15.4          8.4

> png("pie1.png")
> pie(VADeaths[1,])
> dev.off()

> png("pie2.png")
> pie(VADeaths[1,], col=c("cyan", "magenta", "green", "orange"))
> dev.off()

グラフの例

pie1

pie1

pie2

pie2

グラフ描画について

組込みデータ「VADeaths」をグラフ表示しました。年代別のグループ比較として、データの一部(1行分)をpieに与えました。pie2では、各領域に色を指定しました。Rには、様々なカラーパレットが準備されています。虹色のrainbow・熱を表すheat.colors・地質地形で使われるtopo.colorsなど、好みのものを探してみましょう。

スポンサーリンク