R 使い方 折れ線グラフ グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみましょう。今回は、「折れ線グラフ」です。

スポンサーリンク



折れ線グラフ

特長

折れ線グラフは、隣同士の点を線で結んだグラフです。横軸に時間をとり、縦軸の時間変化をみるデータに用いられる場合によく使われます。また2つ以上のデータを比較したり、グループ毎に値を比較する場合などに用いられます。

グラフの描き方

組み込みデータセットのcarsを使用します。折れ線グラフには、Lowess平滑化したデータを用います。Rで折れ線グラフを描くときは、plotを使います。オプションのtypeを指定することで、折れ線グラフを描画することができます。デフォルトは点グラフです。

> cars

> str(cars)
'data.frame':	50 obs. of  2 variables:
 $ speed: num  4 4 7 7 8 9 10 10 10 11 ...
 $ dist : num  2 10 4 22 16 10 18 26 34 17 ...

> summary(cars)
     speed           dist       
 Min.   : 4.0   Min.   :  2.00  
 1st Qu.:12.0   1st Qu.: 26.00  
 Median :15.0   Median : 36.00  
 Mean   :15.4   Mean   : 42.98  
 3rd Qu.:19.0   3rd Qu.: 56.00  
 Max.   :25.0   Max.   :120.00  

> png("plot_car.png")
> plot(cars)
> dev.off()

> png("plot_lowess_line.png")
> plot(lowess(cars), type="l", xlab="Speed (mph)", ylab="Stopping distance (ft)")
> dev.off()

> png("plot_lowess_line2.png")
> plot(lowess(cars), type="l", xlim=c(0,30), ylim=c(0,100), ann=F)
> par(new=T)
> plot(lowess(cars*1.2), type="l", lty=2, xlim=c(0,30), ylim=c(0,100),
       xlab="Speed (mph)", ylab="Stopping distance (ft)")
> dev.off()

グラフの例

plot_car

plot_car

plot_lowess_line

plot_lowess_line

plot_lowess_line2

plot_lowess_line2

グラフ描画について

折れ線グラフは、組込みデータ「cars」をグラフ表示しました。plot_carではデフォルトの点グラフ、plot_lowess_lineでは、Lowessにて平滑化したデータについて「type=”l”」オプションを指定し、折れ線で描画しました。plot_lowess_line2では、同データを1.2倍したデータを重ねて「点線」で描画しました。重ねる場合に注意すべき点は、軸の名称とデータの範囲です。軸の名称は、1回目の描画で非表示にしました。データの範囲は、1回目と2回目でずれるので、xyそれぞれで範囲を固定しました。尚、グラフを重ねる時は、グラフィックスパラメータ「par」で「new=T」を指定します。

スポンサーリンク