PPAを登録してJava1.8へ更新

バイオインフォ道場、くまぞうです。

今回は、java Runtimeを1.8にアップグレードしたいと思います。

スポンサーリンク



Javaのバージョンを確認する

現在使用中のJavaのバージョンを確認します。

$ java -version
java version "1.7.0_80"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_80-b15)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.80-b11, mixed mode)

インストールされているJavaのバージョンを確認します。

$ update-java-alternatives -l
java-1.6.0-openjdk-amd64 1061 /usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk-amd64
java-1.7.0-openjdk-amd64 1071 /usr/lib/jvm/java-1.7.0-openjdk-amd64
java-7-oracle 1074 /usr/lib/jvm/java-7-oracle

PPAを利用してJava1.8へ更新する

PPA(パーソナル・パッケージ・アーカイブ)とは

PPAは、Ubuntuのユーザーチームや個人などがそれぞれ管理している非公式のレポジトリです。Ubuntuの公式レポジトリからはダウンロードできないソフトウェアや最新バージョンなどを入手することができます。動作保証や安全性については注意が必要です。必要最低限なものを利用・登録した方が良さそうです。

公式リポジトリとPPAの管理

公式のリポジトリは、「/etc/apt/sources.list」に記述されています。非公式なリポジトリは、/etc/apt/sources.list.d/」のディレクトリ下に登録されます。

$ ll /etc/apt/sources.list.d/webupd8*
  /etc/apt/sources.list.d/webupd8team-java-precise.list
  /etc/apt/sources.list.d/webupd8team-java-precise.list.distUpgrade
  /etc/apt/sources.list.d/webupd8team-java-precise.list.save
  /etc/apt/sources.list.d/webupd8team-java-trusty.list

PPAの登録・削除

登録(javaの更新について)
$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer
削除(javaの更新について)
sudo add-apt-repository --remove ppa:webupd8team/java

Javaのバージョンを切り替える

Oracle Java 7へ
$ sudo update-java-alternatives -s java-7-oracle
Oracle Java 8へ
$ sudo update-java-alternatives -s java-8-oracle
スポンサーリンク