R 使い方 チャートやグラフの組合せ グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

チャートやグラフは、データの理解を手助けしてくれます。「統計ソフト R」では様々なグラフが手軽に描けるので便利です。単体のチャートやグラフでも役に立ちますが、表現には限界があり、一長一短となるものも少なくありません。異なる種類のチャートやグラフを組み合わせることで、より分り易く表現できるかもしれません。

ボックスプロットとヒストグラムを組み合わせる

スポンサーリンク






ボックスプロット(boxplot)

ボックスプロット(box plot)は、データのばらつきをわかりやすく表現することができる図です。箱ひげ図とも呼ばれます。第1四分位点〜第3四分位点で箱を描き、中央値が箱の中のの太い線で表現されます。簡単な表記では、箱から伸びたヒゲは最小値・最大値を表します。外れ値を示す描き方もあります。

box_iris.r

R >  boxplot(Sepal.Length ~ Species, data=iris, ylab="Sepal.Length")

boxplot

ヒストグラム(histgram)

ヒストグラム(histogram)は、データの分布状況をわかりやすく表現することができる図です。度数分布図とも呼ばれます。横軸に階級、縦軸に度数をとります。注意すべき点は、階級の幅をどのくらいの大きさにするか?という点です。階級の分け方によって、大きく印象が変わるときがあります。階級の分け方については、「スタージェスの公式」が有名です。

hist_iris.r

R > hist(iris$Sepal.Width)

hist



あなたの大学教科書・専門書・医学書 高く買います!!全国送料無料「専門書アカデミー」

チャート・グラフの組合せ

2つのチャート・グラフを組み合わせるには、layout関数を使ってグラフ表示エリアを分割し、それぞれにグラフを描画します。大事なのは、表示範囲を揃えることです。range関数でデータの表示域を取得し、その値を共通で使用しています。また、それぞれのグラフでそれぞれタイトルやラベルを表示すると見た目が良くないので、xlab関数main関数axis関数を使って、表示のON/OFFを明示的に指定します。より良くするために、2つのグラフの上下の余白を、グラフィックスパラメータpar関数で調整しています。

box_and_hist.r

R> range_x = range(iris$Sepal.Width)
R> layout(matrix(1:2, nrow=2))
R> par(mar=par("mar") * c(0.8, 1, 1, 1))
R> boxplot(iris$Sepal.Width, ylim=range_x, horizontal=TRUE, xlab="iris$Sepal.Width")
R> hist(iris$Sepal.Width, xlim=range_x, xlab="", main="", axes=FALSE, ylab="")
R> axis(1)

box_and_hist

スポンサーリンク