R 使い方 配列 スクリプトの書き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

Rのデータ構造は、他のプログラミング言語でよくみかけるデータ構造とは少し異なるように感じるかもしれません。しかし、基本的な構造を理解すれば、Rはもっと使いやすいツールになるかもしれません。配列編。

関連記事 R script データ構造まとめ スクリプトの書き方

Rのデータ構造

配列

配列は、行列と同様の多次元のベクトルで、2次元以上に拡張されたデータ構造です。

生成とアクセス

配列の生成は、array関数を使います。データへのアクセスは、行列同様、行と列・次元のインデックスや名前を使ってアクセスできます。

行列の生成・アクセス

R > my_data <- array(1:24, c(2, 3, 4))
R > my_data
, , 1

     [,1] [,2] [,3]
[1,]    1    3    5
[2,]    2    4    6

, , 2

     [,1] [,2] [,3]
[1,]    7    9   11
[2,]    8   10   12

, , 3

     [,1] [,2] [,3]
[1,]   13   15   17
[2,]   14   16   18

, , 4

     [,1] [,2] [,3]
[1,]   19   21   23
[2,]   20   22   24

R > my_data[2, 2, 2]
[1] 10