R 使い方 軸ラベルのサイズ グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。軸ラベル・目盛りサイズ編。

スポンサーリンク



関連記事 軸と目盛りの調整まとめ

軸ラベル サイズ調整

boxplot(ボックスプロット)

並べる項目数が多い、または、表示する文字が長い場合は、軸ラベルのサイズ調整するときれいに表示できます。

> boxplot(count ~ spray, data = InsectSprays, col = "lightgray")

軸ラベルの文字の大きさを調整するには、cex.axisオプションを指定します。デフォルトサイズに対する倍率で指定するので、0.2…0.5くらいの数値を設定して微調整すると設定しやすいと思います。par()関数で設定して描画します。

boxplot5

> par(cex.axis=0.5)
> boxplot(count ~ spray, data=InsectSprays, col="lightgray")

heatmap(ヒートマップ)

各軸に表示する文字が長い場合は、軸ラベルのサイズ調整するときれいに表示できます。

heatmap2

# from R sample
> require(graphics)
> require(grDevices)
> x  <- as.matrix(mtcars)
> heatmap(x, col = cm.colors(256), scale = "column")

>head(x, 3)
               mpg cyl disp  hp drat    wt  qsec vs am gear carb
Mazda RX4     21.0   6  160 110 3.90 2.620 16.46  0  1    4    4
Mazda RX4 Wag 21.0   6  160 110 3.90 2.875 17.02  0  1    4    4
Datsun 710    22.8   4  108  93 3.85 2.320 18.61  1  1    4    1

軸ラベルの大きさを制御するオプションとしてcexRowcexColが準備されています。デフォルトサイズに対する倍率で指定するので、0.2…0.5くらいの数値を設定して微調整すると設定しやすいと思います。尚、デフォルトは、0.2をベースにして、列数や行数で自動で微調整されます。実際は、グラフの外側領域のサイズを調整しつつ、文字の大きさを調整すると良いと思います。

heatmap3

> heatmap(x, col = cm.colors(256), scale = "column", cexRow=0.5)

よく使うオプション

軸の目盛りやラベルに関連するオプションです。

  • xlab, ylab

    軸のラベルを指定します。

  • xlim, ylim

    軸に対する表示範囲を指定します。

  • xlog, ylog

    それぞれの軸を対数スケールで指定します。

  • cex.lab

    軸のラベルの大きさを調整します。(デフォルトサイズに対する倍数指定)

  • cex.axis

    軸の目盛りの大きさを調整します。(デフォルトサイズに対する倍数指定)

  • las

    軸の目盛りの向きを調整します。

  • mar

    プロット領域のマージンを調整します。

  • par

    グラフィカルパラメータの確認や設定を行うときに使います。

スポンサーリンク