R 使い方 グラフにテキストを書き込む グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。

データとテキスト編。

関連記事 軸と目盛りの調整まとめ

グラフにテキストを書き込む

グラフは感覚的な理解を促す方法としては適していますが、具体的なデータをサッと読み取る方法としては役不足です。

> barplot(VADeaths)

グラフ描画の際、図だけではわかりにくいので、値をテキストで表示するとわかりやすくなります。そのようなときは、text関数を使います。表示位置としてx・y、データ(例では、色も変更)を指定することで、任意の位置に値を表示することができます。

barplot3

> barplot(VADeaths)
> text(c(0.7), sum(VADeaths[,1])+4, labels=c(sum(VADeaths[,1])), col="red")

よく使うオプション

軸の目盛りやラベルに関連するオプションです。

  • xlab, ylab

    軸のラベルを指定します。

  • xlim, ylim

    軸に対する表示範囲を指定します。

  • xlog, ylog

    それぞれの軸を対数スケールで指定します。

  • cex.lab

    軸のラベルの大きさを調整します。(デフォルトサイズに対する倍数指定)

  • cex.axis

    軸の目盛りの大きさを調整します。(デフォルトサイズに対する倍数指定)

  • las

    軸の目盛りの向きを調整します。

  • mar

    プロット領域のマージンを調整します。

  • par

    グラフィカルパラメータの確認や設定を行うときに使います。