AWS aws cli 使い方 インストールとデータ転送

バイオインフォ道場、くまぞうです。

バイオインフォマティクスでのAWSの利用に関して、AWSのEC2・S3・ローカルPC間でのデータ転送についてまとめます。AWS CLI編

スポンサーリンク



関連記事 AWSの活用とデータ転送

AWSとは?

クラウド上にサーバーが構築できるEC2と、クラウド上に大きなストレージを確保できるS3が有名です。他にも様々なサービス提供が行われています。ウェブブラウザでも管理することが出来て、各種サービスを手軽に、そして効率良く利用することができます。

Amazon Web Services(アマゾン ウェブ サービス、AWS)とは、Amazon.com により提供されているクラウドコンピューティングサービス(ウェブサービス)である。これらのサービスは全世界で11の地域に提供されている。AWSの有名なサービスにAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)とAmazon Simple Storage Service(S3)がある。これまでのクライアントが保有していた物理的なサーバファームと比較してAWSは大規模な計算処理能力を速やかに、かつ安価に提供出来る。
【出展】Wikipedia – Amazon Web Services

AWSをローカルPCで操作する

AWS Command Line Interface(AWS CLI)を使えば、EC2サーバー操作やS3・その他サービスの操作をローカルPCからコマンドライン経由で実行できます。今回は、ローカルPCからS3へのアップロードと、その逆でS3からローカルへPCへのダウンロードを行い、データ転送を確認しました。

AWS CLIでデータ転送

AWS CLIを使って、ローカルPCとS3間でのデータ転送を確認しました。使ったコマンドは、aws s3cpです。

インストール

  $ curl -O https://s3.amazonaws.com/aws-cli/awscli-bundle.zip
  $ unzip awscli-bundle.zip
  $ sudo ./awscli-bundle/install -i /usr/local/aws -b /usr/local/bin/aws

設定

  $ /usr/local/bin/aws configure
  AWS Access Key ID [None]:     xxxx <- input your ID
  AWS Secret Access Key [None]: xxxx <- input your Key
  Default region name [None]:   xxxx <- input your default region name
  Default output format [None]:

データ転送の確認

  $ /usr/local/bin/aws s3 cp mydata.txt s3://myfolder/              # PC -> s3
  $ /usr/local/bin/aws s3 cp s3://myfolder/mydata.txt mydata_s3.txt # s3 -> PC
スポンサーリンク