R 使い方 凡例の表示と位置 グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

グラフの仕上げには、凡例やエラーバー・文字による説明などがあるとわかりやすくなります。グラフを仕上げるためのテクニックをまとめます。凡例・テキストや数式による説明 編。

スポンサーリンク



関連記事 凡例・エラーバーなど図の仕上げなどに役立つこと

凡例を書き加える

凡例は、legend関数で付け加えます。凡例の表示位置やマーク・枠の有無などを設定できます。

主な制御パラメータ

パラメータ 機能
場所 凡例の表示位置を指定 “topright”, x=”left”, y=”center”
legend 凡例の内容 legend=c(“sin”, “cos”), levels(factor)
pch/lty 凡例に付与するマーク pch=as.integer(iris$Species), lty=1:2
R> plot(Sepal.Length ~ Sepal.Width, 
        data=iris, pch=as.integer(iris$Species))

#pchに対して、系列毎に異なるマークを指定
R> legend("topright", legend=levels(iris$Species), pch = 1:3)

legend1

R> plot(sin, type="l", lty=1, 
        xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3), ylab="")
R> par(new=T)
R> plot(cos, type="l", lty=2, 
        xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3), ylab="sin & cos")

# 「右下・枠なし」の凡例
R> legend("bottomright",
          lty=1:2, legend=c("sin", "cos"), bty="n")

# 「右・枠あり」の凡例
R> legend(x="right", y="center", 
          lty=1:2, legend=c("sin", "cos"))

# 「中央・枠あり」の凡例
R> legend("center",
          lty=1:2, legend=c("SIN", "COS"))

legend2

グラフに文字を書く

グラフに文字を書くには、text関数にて座標指定します。数式を書く場合は、expression関数を使います。expressionの表現内容については、Rのヘルプ機能で?plotmathとすると確認できます。

R> plot(1)

R> text(1, 1.2, "hello world!")
R> text(0.8, 1, expression(sum(x[i], i=1, n)))
R> text(1.2, 1, expression(integral(f(x) * dx, a, b)))

text

スポンサーリンク