R 使い方 エラーバー グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

グラフの仕上げには、凡例やエラーバー・文字による説明などがあるとわかりやすくなります。グラフを仕上げるためのテクニックをまとめます。エラーバー 編。

関連記事 凡例・エラーバーなど図の仕上げなどに役立つこと

スポンサーリンク



エラーバーを描く

エラーバーは、arrows関数を使って描き加えます。arrows関数は、本来、図中に矢印を描き加える関数です。「始点・終点の座標」と「矢印の形状」を指定して矢印を描きます。エラーバーとして描く場合の矢印の形状は、angle=90code=3を指定すると良いです。angleの値を変更すると形状が矢印っぽく(<–>)なり、codeの値を変更すると「始点のみ・終点のみ・両方」を変更できます。

矢印の配置場所については、barplotの戻り値(myplot <- barplot(...) )にグラフの位置が格納されているので、それを利用するのが簡単です。

R> iris.mean <- tapply(iris$Sepal.Length, iris$Species, mean)
R> iris.sd <- tapply(iris$Sepal.Length, iris$Species, sd)
R> myplot <- barplot(mean.iris, ylim=c(0, 9))

# エラーバー(x1, y1, x1(垂直の線:x座標は同じ), y2, angle, code)で指定
R> arrows(myplot, iris.mean - iris.sd, 
          myplot, iris.mean + iris.sd,
          angle=90, code=3)

error_bar

スポンサーリンク