R 使い方 グラフのファイル保存 グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

グラフは、PNGファイルやPDFファイルとして保存することができます。

操作は、通常のグラフの描画と同じです。違うところは、前もって保存先のデバイスをオープンし、描画終了後に明示的にクローズするだけです。PDFなら1つのファイルに複数の画像を取り込むこともできます。

スポンサーリンク




1つの画像を1つのファイルに保存する

PNGファイル

R> png("sin.png")
R> plot(sin, type="l", lty=1, xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3))
R> dev.off()

PDFファイル

R> pdf("sin.pdf")
R> plot(sin, type="l", lty=1, xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3))
R> dev.off()

sin

複数の画像を1つのファイルに保存する

PDFファイルに、いくつかのグラフを1つのファイルとして保存することができます。pdfをオープンした後に連続的に描画し、クローズすれば、各ページにグラフが描かれたPDFファイルが作成されます。

R> pdf("all.pdf")
R> plot(sin, type="l", lty=1, xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3))
R> plot(cos, type="l", lty=2, xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3))
R> plot(tan, type="l", lty=3, xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3))
R> dev.off()

スポンサーリンク