R 使い方 グラフの色 自作のカラーパレットとデフォルトのカラーパレット

バイオインフォ道場、くまぞうです。

グラフを描画する際、色の組み合わせを1つ1つ考えるのは面倒ですよね。Rには、あらかじめ色の組み合わせを用意したカラーパレットが準備されています。カラーパレットを使えば、洗練された色の組み合わせで綺麗なグラフを描くことができます。自分で色の組み合わせを決める自作のカラーパレットの使い方と、Rで使えるデフォルトのカラーパレットの使い方をまとめます。

スポンサーリンク



カラーパレット

色の組み合わせがあらかじめ定義されています。例えば、虹色の組み合わせrainbowや、温度変化をあらわす色の組み合わせheat.colors、グレースケールの組み合わせgray.colorsなど、いくつものカラーパレットが準備されています。用途に応じて使い分けると、グラフの表現力も向上すると思います。

色の組み合わせを自分で決める 自作カラーパレット

カラーパレットは、使いたい色の組み合わせです。簡単に自分専用のカラーパレットを作ることができます。使える色の名前は、colors()関数で一覧表示できます。

まず、使いたい色の数と色の名前を決めます。次に、色の名前でベクターを作成し、自作のカラーパレットとします。カラーパレットをグラフの色指定オプション(col)にセットします。指定した色が順番に割り当てられます。

R> colors() # 色名称の一覧表示
  [1] "white"                "aliceblue"            "antiquewhite"        
  [4] "antiquewhite1"        "antiquewhite2"        "antiquewhite3"       
  [7] "antiquewhite4"        "aquamarine"           "aquamarine1"         
 [10] "aquamarine2"          "aquamarine3"          "aquamarine4"         
 ・・・
# 自分専用のカラーパレットを定義
R> my.colors <- c("#00FF80","#00FF00","#80FF00","yellow","orange","red", 
	          "#FF0080","#FF00FF","#8000FF","blue","#0080FF","#00FFFF")

R> pie(rep(1, 12), col=my.colors)

あらかじめ準備されているカラーパレットの使い方

使いたいカラーパレットを呼び出して、使いたい色の数を指定します。同様に、カラーパレットの色指定オプション(col)にセットします。

rainbow

よく用いられる色の組み合わせ。

R> pie(rep(1,12), col=rainbow(12))

heat.colors

温度の表現によく用いられる。

R> pie(rep(1,12), col=heat.colors(12))

gray.colors

グレースケールを使った表現。

R> pie(rep(1,12), col=gray.colors(12))

terrain.colors

地形の表現によく用いられる。地表の高低や起伏の形など。

R> pie(rep(1,12), col=terrain.colors(12))

topo.colors

地勢の表現によく用いられる。地形の起伏や海面との位置関係など。

R> pie(rep(1,12), col=topo.colors(12))

cm.colors

よく用いられる色の組み合わせ。

R> pie(rep(1,12), col=cm.colors(12))

スポンサーリンク