awk コマンドラインでの実行とスクリプトファイルでの実行

バイオインフォ道場、くまぞうです。

awkを実行する場合、コマンドラインで指定する方法と、スクリプトファイルを指定する方法があります。

スポンサーリンク



awk コマンドラインで指定する

patternとactionは、シングルクォートで囲んで指定します。標準入力やパラメータの最後に指定したファイル(群)に対して、それぞれのパターン・アクションを適用して、フィルタリングなどの処理を行うことができます。尚、パターンの前後にはオプション(FSなどのシステム変数やシェル変数など)を指定することができます。

書式

$ awk 'pattern { action }' datafile

$ echo | awk '{print "hello"}'
hello

awk スクリプトファイルで指定する

処理が長い場合は、スクリプトをファイルにまとめて記述することができます。スクリプトを別ファイルとして記述した場合は、-fオプションでファイル名を指定して実行することができます。標準入力やパラメータの最後に指定したファイル(群)に対して、それぞれのパターン・アクションを適用して、フィルタリングなどの処理を行うことができます。尚、スクリプトファイル名の前後にはオプション(FSなどのシステム変数やシェル変数など)を指定することができます。

書式

$ awk -f scriptfile [--] datafile

$ cat hello.awk
{print "hello world"}
$ echo | awk -f hello.awk
hello world
スポンサーリンク