tidyverse インストールとロード tidyverseの主なパッケージ

tidyverseはRのパッケージの1つで、データ操作(抽出・連結など)を統合的に扱うためのツール群です。Rを起動後に、tidyverseのインストールを行います。インストール完了後は、使うときにパッケージをロードして使います。

tidyverse パッケージ

tidyverse インストール

R 3.2以上が必要です。パッケージのインストールは、R起動後に、install.packagesで tidyverse を指定します。インストールに管理者権限が必要なら、sudo をつけて R を起動して、tidyverse をインストールします。

1: $ sudo R # 管理者権限で R を起動
2: >install.packages("tidyverse")

tidyverse ロードして使う

tidyverseを使うときは、インストール後にlibraryとしてロードします。tidyverseに含まれるパッケージがまとめて読み込まれます。

1: > library(tidyverse)
2: ── Attaching packages ── tidyverse 1.2.1 ──
3: ✔ ggplot2 3.1.1     ✔ purrr   0.3.2
4: ✔ tibble  2.1.3     ✔ dplyr   0.8.1
5: ✔ tidyr   0.8.3     ✔ stringr 1.4.0
6: ✔ readr   1.3.1     ✔ forcats 0.4.0
ggplot2
可視化のためのパッケージです。
tibble
tibbleというdata.frameを扱えるようになります。
tidyr
tidy data形式を扱えるようになります。
readr
色んなフォーマットのデータを読み込めるようになります。出力も。
purrr
関数型プログラミングに関するパッケージです。
dplyr
データの操作に関するパッケージです。
stringr
文字列操作を行うためのパッケージです。
forcats
因子型ベクトルの操作に関するパッケージです。

まとめ

  • tidyverseは、Rでデータ操作(抽出・連結など)を統合的に扱うためのツール群(パッケージ)
  • tidyverseのインストールは、R起動後に、install.packages(“tidyverse”)。管理者権限に注意。
  • tidyverseを使うときは、R起動後に、library(tidyverse)