R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方

Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。ただ、細かい調整に関しては、全てをデフォルトに任せるわけにはいかないようです。今回は軸について、色々と制御してみます。

とにかく、早く問題を解決したい人にはこちら>>直接、データ解析相談

軸の表示を制御する

軸ラベルを変更する・消す

x軸・y軸のラベルをそれぞれ指定することで表示を変更(非表示)します。

R> plot(1:10, xlab="x_axis", ylab="y_axis")
R> plot(1:10, xlab="", ylab="")
no_label

軸ラベルの色を変える

col.labオプションでx軸・y軸のラベルの色を一括で変更します。

R> plot(1:10, col.lab="red")
color_label

軸ラベルの大きさを変える

cex.labオプションでx軸・y軸のラベルの大きさを一括で変更します。倍率で指定します。

R> plot(1:10, cex.lab=0.7)
size_label

軸を消す(目盛り位置・目盛りラベル)

x軸・y軸の軸をそれぞれ非表示にする場合は、axtオプションnを指定します。

R> plot(1:10, xaxt="n", yaxt="n")
no_axis

目盛りラベルだけを非表示にする場合は、plot関数によるデフォルト表示をOFFにして、axis関数で指定します。

R> plot(1:10, xaxt="n")
R> axis(side=1, at=1:10, labels=F)
only_axis

軸目盛りラベルの色を変える

col.axisオプションでx軸・y軸の軸目盛りラベルの色を一括で変更します。

R> plot(1:10, col.axis="red")
color_axis

軸目盛りラベルの大きさを変える

cex.axisオプションでx軸・y軸の目盛りラベルの大きさを一括で変更します。倍率で指定します。

R> plot(1:10, cex.axis=0.5)
size_axis

軸目盛りラベルの向きを変える

lasオプションでx軸・y軸の目盛りラベルの向きを一括で変更します。

R> plot(1:10, las=2) #軸に対して垂直方向(x軸が変化)
dir_axis

いろいろな場所に表示する

axis関数sideオプションで上下左右に軸を追加することができます。

R> plot(1:10, xaxt="n", yaxt="n")
R> axis(side=4, at=1:10)  # 右 
R> axis(side=3, at=1:10)  # 上
various_axis

二重目盛にする

plot関数の目盛りに、別の目盛りを追加します。axis関数を利用します。plot関数の目盛りと同じ範囲を指定して、atオプションseq(start, end, by)を使って更に細かい目盛りを指定すると良いです。tclは目盛りの長さなので、デフォルトに対して倍の区切りにした場合、長さは-0.25です。デフォルトの長さは=-0.5。

R> plot(1:10)
R> axis(side=1, at=1:10, tcl=-0.25, labels=F)
double_axis

枠を消す

枠の非表示は、btyで指定します。

R> plot(1:10, bty="n")
no_axis2

いろいろな軸の表示制御

軸の表示は、plot関数axis関数を使って、細かく制御することができます。軸のタイトルや軸目盛りラベル・位置などを調整します。

主な制御パラメータ

パラメータ機能
side表示場所(上下左右)を指定side=1(下)
at軸の目盛りを指定at=1:10, at=seq(1,10, by=1)
labels軸の目盛りに表示する内容を指定labels=c(“Jan”,”Feb”,”Mar”, …, “Dec”)
cex.lab軸ラベルの拡大・縮小cex.lab=0.7
cex.axis軸目盛りラベルの拡大・縮小cex.axis=0.5
las軸ラベルの向きlas=2(軸に垂直)
col.lab軸ラベルの色col.lab=”red”
col.axis軸目盛りラベルの色col.axis=”red”

実験データの解析や論文用グラフ作成のヒントになりそうな、プログラミング・統計処理の参考になる書籍をまとめて紹介しています。是非、参考にしてみて下さいね。

論文・データ解析の支援

個別に直接相談できるのが良いと、たくさんの方にご利用頂いています。

とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談
とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、論文相談

関連記事1

R 使い方 | volcano plot 描き方(ボルケーノプロット)
volcano plotは、発現解析の結果を表現でよく使われるグラフです。横軸に発現比(logFC)、縦軸にpvalue(-log10した値)をとります。Rを使って、volcano plot (ボルケーノ プロット)を作成...
R 使い方 ボックスプロット(box plot) グラフの描き方
データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみ...
R 使い方 ボックスプロット(box plot) グラフの描き方
データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみ...
R 使い方 パイチャート(円グラフ) グラフの描き方
データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみましょう...
R 使い方 棒グラフ グラフの描き方
データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。今回は、「棒グラフ」です。とにかく早...
R 使い方 散布図 グラフの描き方
データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみましょう...
R 使い方 ヒストグラム グラフの描き方
データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみましょう...

関連記事2

404 NOT FOUND | バイオインフォ 道場 [bioinfo-Dojo]
R 使い方 目盛りのべき乗回避 グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。目盛...
R 使い方 任意の軸ラベル グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。任意...
R 使い方 グラフにテキストを書き込む グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。デー...
R 使い方 ラベル向き調整 グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。ラベ...
R 使い方 余白サイズ グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。余白...
R 使い方 軸ラベルのサイズ グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。軸ラ...
R 使い方 軸ラベルのサイズ グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動調整してくれるので大変便利です。しかし、カスタマイズしようと思えば、各種パラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸ラベルや目盛り、余白の調整についてまとめます。軸ラ...
R 使い方 軸と目盛りの調整まとめ グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動で調整してくれるので大変便利です。しかし、少しカスタマイズしようと思えば、色々なパラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸の目盛りの調整についてまとめます。...
R 使い方 軸と目盛りの調整まとめ グラフの描き方
Rでグラフを描画する場合、位置やサイズを自動で調整してくれるので大変便利です。しかし、少しカスタマイズしようと思えば、色々なパラメータを調整する必要があります。より綺麗なグラフに仕上げるために、軸の目盛りの調整についてまとめます。...
R 使い方 グラフの色 自作のカラーパレットとデフォルトのカラーパレット
グラフを描画する際、色の組み合わせを1つ1つ考えるのは面倒ですよね。Rには、あらかじめ色の組み合わせを用意したカラーパレットが準備されています。カラーパレットを使えば、洗練された色の組み合わせで綺麗なグラフを描くことができます。自分で色の...
R グラフ 凡例の調整 legendオプション
Rでグラフを描いたとき、凡例が気になる場合がありませんか?工夫できるポイントを紹介します。とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談R グラフ 凡例の細かい調整(legendオプション)グラフでよ...
R 使い方 複数のグラフを並べる グラフの描き方
Rでグラフを並べてみましょう。似たようなデータや条件を変えたデータを比較する場合に、わかりやすくなります。注意点や工夫すべきポイントをまとめます。並べるという観点で別の記事を整理しました。とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直...
R 使い方 凡例・エラーバー・グラフ保存などの図の仕上げ グラフの描き方
「統計ソフト R」によるチャートやグラフの描画は、手軽で大変便利です。ただ、仕上げには細かい調整が必要です。今回は、そのようなときに役立つ「凡例」や「エラーバー」の描き方に関するテクニックをまとめます。とにかく早く問題解決したい人...
R 使い方 散布図 工夫(透明度・グラフ並べるなど) グラフの描き方
統計処理などで2変数の関係を調べるときに、良く使われるのが散布図です。少し工夫するとより使いやすくなります。散布図の工夫についてまとめます。とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談散布図を描く散...
R 使い方 グラフ重ねる・グラフ分割「上下・左右」 グラフの描き方
R で複数のグラフを描画する際、いろいろな描き方を知っていると役に立つことがあります。よく用いられる「重ねる」「画面を分割する」について、まとめます。とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談「R」で複数...
Rの使い方 エラーバーを描く方法
Rのグラフには、エラーバーや凡例、そして文字による説明があるとわかりやすくなります。グラフを仕上げるためのテクニックをまとめます。エラーバー 編。とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談エラーバーを描く...
タイトルとURLをコピーしました