R NAの除去方法(欠損値の除去)

RのNA(欠損値)の除去についてまとめます。

欠損値 NA とは

スポンサーリンク



RでNAは欠損値で、データの観測ができない場合などを表します(ベクターやデータフレームにNAが入っていることがあります)。NAを含むデータを使った計算では計算結果もNAになる場合があり、必要に応じて除去するなどの対応が必要です。

$ R  # Rを起動
> data <- c(1, 2, 3, 4, 5) > sum(data)
[1] 15

> data <- c(1, 2, 3, NA, 5)
> sum(data)
[1] NA

欠損値 NA の除去

データにNAが入っているかどうかを調べて、データから除去して計算したり・計算時に除去オプションを指定したりします。

欠損値 NA を調べる

NAが含まれているかを調べるには、is.na関数を使います。各データにNAの判定を行い、TRUE/FALSEで結果を返します。NAのデータは判定がTRUEです。結果をtable関数に通すと、NAがどのくらい含まれているかが判ります。

> data <- c(1, 2, 3, NA, 5)
> is.na(data)
[1] FALSE FALSE FALSE  TRUE FALSE

> table(is.na(data))

FALSE  TRUE 
    4     1 

欠損値 NA の除去方法 – NAを除外する

RでNAを除去するには、データ参照でNA以外を指定したり・complete.cases関数でNAを含まないデータを取得したりします。

> data[is.na(data)==F]
[1] 1 2 3 5

> data[complete.cases(data)]
[1] 1 2 3 5

データフレームやマトリックスを使う場合は、na.omit関数やcomplete.cases関数を使うと簡単に欠損値 NAを除去できるので便利です。

> DF
  x  y
1 1  0
2 2 10
3 3 NA
> na.omit(DF)
  x  y
1 1  0
2 2 10

> df <- subset(DF, complete.cases(DF)) > df
  x  y
1 1  0
2 2 10

欠損値 NA の除去方法 – オプションで指定する

RでNAを除去して計算するには、関数にna.rm=T(TRUE)オプションを指定して呼び出します。ほぼ全ての基本的な関数で、欠損値NAの取り扱いができるようになっています。

> data
[1]  1  2  3 NA  5
> sum(data, na.rm=T)
[1] 11
> max(data, na.rm=T)
[1] 5

欠損値の扱いについては、関数のヘルプで調べることができます。

> ?sum
sum                    package:base                    R Documentation

Sum of Vector Elements

Description:

     ‘sum’ returns the sum of all the values present in its
     arguments.

Usage:

     sum(..., na.rm = FALSE)
     
Arguments:

     ...: numeric or complex or logical vectors.

   na.rm: logical.  Should missing values (including ‘NaN’) be
          removed?
スポンサーリンク





カテゴリー

今週よく読まれている記事

  1. 学会・会議で英語が絶望的にできなくて困るケース | オンライン開催で「英語力のなさ」を痛感した場合の対処法

    学会・会議で英語ができなくてに困るケース学会やイベント・会議などが、オンラインで開催される…
  2. r tidyverse 使い方 | 列 filter 絞り込み select関数 – dplyrパッケージ

    tidyverseで1つのデータフレームの列の絞り込みは、dplyrパッケージのselect関数を…
  3. プログラミングで疲れた脳をリフレッシュ 〜 鬼滅の刃「感動」と「やる気アップ」でストレス発散!

    ストレス発散は鬼滅で。「50%OFF」で読む!脳のパフォーマンスを上げるには、適度な休憩と…
  4. AWS ディスク容量不足 新しいボリュームを追加する

    バイオインフォマティクスでは大きなファイルを扱うことがあるので、ディスク不足に陥ることがあります。…
  5. 「知っている」と「知らない」とでは、もしものとき、大違いになる – コロナうつ対策

    コロナうつなどという言葉を聞くようになりましたが、派遣切り、解雇、リストラは、これから本格化します…

人気記事

  1. Excel, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…
  2. R言語

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…
  3. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…

おすすめ記事

  1. awk, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…
  2. シェルスクリプト

    シェルスクリプト | ファイル存在チェック・空ファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…
  3. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…