紙の本を「自分で簡単」に電子化する方法とは?

紙の本の電子化は、気軽に業者に頼めない(違法になる場合もある)し、自分でやるにも、本を裁断機で分解したり・1ページずつ地道にスキャンしたりして、ものすごく大変で時間のかかる作業ですよね。

でも、「ドキュメントスキャナー」を使えば、本の電子化が簡単にできます!いま話題の商品です。

紙の本の電子化は「あ〜、面倒くさい〜!」から「これさえあれば電子化、何冊でも来い!」に変わりますよ。いつでもどこでも読めるようになるし、仕事や勉強もずっとはかどるはず!

本の電子化が、「長くて苦しい絶望的なマラソン」から「うきうき楽ちんドライブ」に変わる感じです。

非破壊で電子化が可能

秘密は、USBフィルムカメラ。パソコンとカメラをUSBでつなぐだけで準備完了です。あとは、自動連続撮影(手動・5秒・7秒)で、電子化したいドキュメントや本をパラパラとめくっていくだけで、簡単にデータスキャンできます。

5秒に1回スキャンだと、100ページでも5分ほどでデータ化が完了します。そして、ソフトウェアが自動補正する機能もあるので、比較的キレイにデータを残せます。

私は何十冊も電子化しましたが、時間も全然かからないし、自分で読む用としては充分な品質でした。

人気のドキュメントスキャナー

人気は、こちらの「安くて使える」商品。

>> iCODIS スキャナー 高画質USB書画カメラ 500万画素 <<

これが売り切れると、オーバースペックでも高額なスキャナーを買わないといけなくなります。是非、いますぐ在庫をチェックしてくださいね!