python 使い方 | エクセルのセルの内容取得 – openpyxl ライブラリ

仕事では、エクセルがよく使われるので、スクリプト言語で処理できると楽に仕事をこなせるようになります。

最も単純な例として、python3 openpyxl ライブラリ を使って、エクセルのセルの内容を取得します。

エクセル python3でセル取得

よくあるエクセルファイル(エクセル.xlsx)をスクリプト言語(python3)で処理します。

python3 openpyxl ライブラリ

ライブラリのパッケージをインストール。

$ sudo apt install python3-openpyxl

python3 対話モード

$ python3  # 対話モード起動

>>> import openpyxl  # ライブラリのロード
>>> book = openpyxl.load_workbook("エクセル.xlsx")
>>> sheet = book.active  # 先頭のシート

>>> print(sheet['A1'].value)
ご氏名
>>> print(sheet['B1'].value)
あいう えお

python3 スクリプト

対話モードで実行した内容を、スクリプトとして整理しました。

エクセルのファイル名は引数で与えるようにしました。

スクリプト 実行結果

$ python3 xlsx.py ./エクセル.xlsx
ご氏名
あいう えお

スクリプト 内容

import sys
import openpyxl

# xlsx.py
# --------

xlsx_name = sys.argv[1]
book = openpyxl.load_workbook(xlsx_name)
sheet = book.active

print(sheet['A1'].value)
print(sheet['B1'].value)

シートやセルは固定なので、処理内容にあわせて変更して下さいね!

参考情報

もっと詳しく知りたい場合は、こちらが参考になると思います。

参考雑誌

日経ソフトウエア 2020年9月号

特集の「Excel x Python 最速仕事術」で 、openpyxl ライブラリの活用方法がたくさん解説されているので参考になると思います。

公式サイト

openpyxl – A Python library to read/write Excel 2010 xlsx/xlsm files