SSH接続 警告「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED」の対応

bioinformatics では、サーバーに接続することが多いので、サーバーへの接続エラーの対応なども必要になります。

「REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED」という警告が出たら、既存の「kown_hosts」の設定を削除することで解決します。

OpenSSH[実践]入門

SSH接続エラー「 REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED 」の解決方法

SSHで接続する場合、接続先毎にローカルに情報が保管されます。

新しい接続で中身が別のサーバになったりして、既存の設定と異なると「何かおかしい!」と警告が表示されます。

AWS(ec2)をよく使うのですが、サーバーは変わったのにIPアドレスが同じで、SSH接続がエラーになることが偶にあるようです。

known_hosts からエントリーを削除する

警告が表示された接続のエントリーを削除すると、再度接続したときに警告(接続失敗)がでなくなります。

$ ssh-keygen -R 12.345.678.901
Host 12.345.678.901 found: line 100
/home/user/.ssh/known_hosts updated.

known_hosts のエントリーを確認する

known_hosts を直接開いても確認できますが、アドレスを指定したほうが適切です。

$ ssh-keygen -F 12.345.678.901
 Host 13.231.111.220 found: line 100
 |1| …

参考書籍など

ssh の使い方や機能がわかる本。

OpenSSH[実践]入門

タイトルとURLをコピーしました