理系の転職にはビジネス感覚が必要

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職にはビジネス感覚が必要

理系技術者の転職にもビジネス感覚が求められる理由

理系技術者の転職にもビジネス感覚が求められる理由は、新しい技術を追求し、追求した技術の取得と成果、そして上司や先輩と協力して成果を出し、会社内での存在感を認めてもらう必要があるからです。

また、技術者であれば基本能力や成果物から仕事のスタンスが見えてくるため、積極的にアピールすることで一気に人事に好印象を与えて自身の評価を上げることが出来ます。さらに、他の業界、企業にも知られることで転職の選択肢も広がり、入社後もよりよい仕事環境を作ることを可能にするのです。

実際に、理系出身者の強みと業界に共通するスキルなどでアピールすれば採用する企業も出てくるでしょう。自分のアピールできるものについてよく理解し、最大限に活かしていくことが求められるのです。このようにして役に立つのが、ビジネス感覚です。

それでは、具体的な理系技術者の転職の流れはどのような感じなのでしょうか?

まず、会社説明会や面談に出席し、自分がこの企業に合っているかどうかをしっかり見極める必要があります。特に専門性を高める為には、その企業の雰囲気や業務内容、社内制度などについても自分の求めていることと合うのかを考える必要があるのです。

理系技術者がビジネス感覚を身につけるには?

理系技術者でビジネス意識が希薄な場合は、大手企業のプロジェクトなどで仕事をしながら、ビジネス感覚を磨いていっても、〜入社数年くらいなら十分対応できる。

ただし、できる人材と言われる人は、いわゆる「プロパー」の理系技術者でも、実際の業務から視野を広げ、理系の仕事以外の領域で開発などに携わることで、開発を離れてからの方が自身の能力を伸ばしているケースは少なくない。「自分の専攻のみ」を必ずしも大事に考える必要はない。あくまで、選択するのは自分であり、自分の職業人生は自ら決めていく必要がある。

一方、企業に属するというやり方にとらわれる必要もない。仕事をして収入を得て、時間を忘れて没頭できる分野を見つけられれば、それも立派な「道」だろう。大切なのは自分自身が職業を通じて何を達成しようとしているかであり、その到達点も当然自分で決めるべきなのだ。ここでもやはり、ビジネス感覚が役に立つだろう。

あるいは、その専門性を高めることで、それを通じて社会に貢献できるのであれば、例え企業を定年退職したとしてもなお、「職業人」として必要とされる人材となるのである。そして、技術者として成長し、ビジネスパーソンとしても成長することとなる。

タイトルとURLをコピーしました