理系の転職で必要な専門分野以外の知識

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術職の転職で必要な専門分野以外の知識

理系技術職が専門分野以外の知識を効率よく身につける方法

理系技術職が専門分野以外の知識を効率よく身につける方法は、プログラミングやPython、機械学習等の専門雑誌を読んだり、資格の勉強をすること。勉強をした方が、相対的に専門性のスキルアップが早い。スキルの習熟度に迷ったら、別のスキルの本と併用して見るといいかもしれない。

また、マネジメント職向けだと、事例も入った教材などの方が勉強になる。座学だけで全てを網羅することはできないし、時間が足りない部分もあるのだろうけど、ある程度の範囲でまとめられたもので学ぶのは良い方法だと思う。

インプットとアウトプットのバランスをうまく取ることが肝要である。スキルの習熟度を確認しながら読み進めるのがいいと思う。特に、資格試験の勉強はモチベーションも維持しやすくて、おすすめ。

理系技術職は転職エージェントを利用すべき?

理系技術職が、転職で「絶対生き残る」ために転職エージェントを利用するべき理由は、大学や企業によっては『文系出身者を対象とした求人』が行われている事もあるからです。具体的に言うと、技術系商社やメーカーなど、メーカーの技術職として採用される事が多い傾向にあります。また、技術系の人材派遣業も存在します。

このような求人は、メーカーにとって「なくてはならない人材」となる事が多いので、非常に人気がある仕事といえます。理系で、大学や大学院で専門的に研究に励んできた人には活躍の場がある職種といえるでしょう。しかし、転職エージェントしか知らないクローズドな案件として紹介されることも多いのです。

一般的に、文系出身者が技術系営業職に就くのは簡単なことではありません。それでも転職エージェントにお願いすれば、「転職の道が開ける」ということです。

多くの企業では文系学部からの採用は行わず、理系の大学を卒業しないと厳しいです。総合職と技術職の試験を受けなくてはならない企業は多く、ハードルは高いといえます。文系から技術系専門職を目指す場合、大学3年生から就職活動をして、このタイミングで人材紹介会社に登録して履歴書・職務経歴書の準備を始める事が一般的なので、動き出すのが遅いと、後から追いつくのはとても難しいといえます。

そのような状況で、理系技術職が「生き残り」をかけて『本気の転職』活動をはじめたらどうなるか、理系に強い転職エージェントを利用して『本気の転職』活動を進めればどうなるか。転職を「運」で終わらせてはいけません。

理系に強いエージェント【UZUZ】
タイトルとURLをコピーしました