理系の転職 技術者か営業か

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職 技術者か営業か

理系技術者が配置転換後から技術職に戻って活躍するケース

理系技術者が配置転換後から技術職に戻って活躍するケースは、よくあるようです。営業の人員削減にともない技術職を志願し、より魅力的な産業や企業に転職する例も存在します。

ただし、専門分野の知識、必要なスキルの有無、取得にかかる時間やお金などは仕事によって大きく異なり、転職を成功させるためには、自分が就く仕事についてよく知っておくことが必要となります。

転職先としてエンジニアの職種を選ぶのであれば、産業や企業を限定して見るのではなく、幅広い視点をもって転職先を探してみることをおすすめします。

このように、職種ごとに知っておくべき情報をチェックする意味でも、企業の採用担当者に直接企業について質問や相談できる貴重な場が社内見学会だといえます。

この機会を活用して、事前に採用担当者にしっかり質問し、情報を取得しておくことが大切です。また、現場を体験する過程で企業ごとにどんな業務内容があり、自分が配属されているチームの仕事内容を十分理解しておくことも大切です。

チーム内でのコミュニケーションを円滑にし、職場の雰囲気を把握することによって入社後の職場環境の悪化を防ぐことができます。

タイトルとURLをコピーしました