理系の転職で差がつく知財に関する理解

理系技術者の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職で差がつく知財に関する理解

理系技術者の転職で知財に関する理解が注目されている理由

理系技術者の転職で知財に関する理解が注目されている理由は、今の日本の産業はエンジニアの圧倒的なスキルが土台となって発展しており、これを土台にして、その製品やサービスを生み出した人が報酬を受け取れる「プロダクトエコノミー」だからだ。

つまり、様々な製品やサービスが生まれるためには、それを開発し、設計図を作り、図面を作り、金型を作って組み立て、製品を作り上げる上で必要なものが全て揃っていなくてはならない。このすべての過程の中で必要となる知的財産権(特許、実用新案、意匠、商標、著作権、技術)を包括して、知財にかかわる人(エンジニア)は強いニーズを持つ。

このように高いスキルを持つエンジニアが希望する知財に関わる仕事には、エンジニアという専門性や、これまでの実務経験に加えて、知識が豊富でエンジニアを導くマネジメント力やコミュニケーション力も求められる。したがって、今の時点で企業の知財部に配属されている技術者は、一般職種に比べて、技術者としての働きぶりに納得感を得ており、給料にも満足できている人が多い。

理系技術者の転職で知財に関する知識を身につける方法

理系技術者の転職で知財に関する知識を身につける方法は、本・雑誌・ネットの他にネットでも学ぶことができます。今後、知的財産を学ぼうとする場合は、受験対策的に学ぶのも一考ですが、まずは転職などに有利な力を身につけるために独学で知るという選択肢もあります。

知財に関わる求人を調べるためのツールとして求人情報サービスや、採用ポータルサイトなどを利用・閲覧すると、転職者に適している求人がわかるようになっています。その中で、知的財産にかかわる仕事がどれくらいのポジションの人を募集しているのかや、具体的な仕事を覚えるにはどのような方法があるのか、などの点について調べておくことも可能です。知財に関連する求人だけを読むこともできるので、特許事務所や法律事務所などに勤務する前に知っておくことも、知財の実務者を目指すなら必要なこととなります。

ネットでの情報収集により、専門知識がなくても募集要項や転職に役立つ知識を身につけられるということです。

知財に関する理解・経験を活かした理系技術者の転職は、転職エージェントに任せたほうが良い理由

転職エージェントは日々、応募する人や企業の理解に努め、最終的に理系技術者の立場に立った提案で理系技術者の転職活動を成功に導きます。 転職エージェント経由で転職を考えている方は、信頼のおける転職エージェントとのつながりはもちろん、企業と理系技術者の関係についても理解しておくべきでしょう。

「知財に関する理解・経験」は転職で注目されるスキルです。にもかかわらず、自分の経験が活かせそうな求人情報が見つからないのは、重要な求人はほとんどが「非公開」だからです。転職エージェントは、このような求人を主に扱っていて、企業の要望に応えられる価値の高い人材を常に探しています。

このような経験を活かした転職活動を成功させるためには、転職エージェントとの間で密なやり取りを行うとともに、企業に対しても理系技術者のキャリア形成に強く関心があるといった姿勢をきちんと打ち出しておくことが必要です。 そうすることで、担当のキャリアアドバイザーとキャリアアップを目指すうえで必要な情報や考え方を共有できるようになります。そのようなプロセスを確実に実行することで、企業側も転職に応募する人も、双方の満足度の高い転職へとつなげいくことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました