理系の転職〜面接が苦手な人へのアドバイス

理系技術者の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術職の転職での面談

理系技術職の転職での面談で気をつけること

理系技術職が転職の面談で気をつけるべきことは、いままでの経験の整理をきちんと棚卸ししておくことです。

長いこと技術職でがんばってきた人ほど、自分をアピールするとき「キャリア」という感覚があることで自分の経験がうまく表現できなくなり、経験に対する確信度を減じてしまうことで、転職先での活躍のイメージがうまく説明できなくなるといったケースが発生しています。

このような自信のなさから、人前で自分をアピールすることに対して不安が芽生えるのです。これでは面接官も「なぜうちに転職したいのか、転職後にどのような活躍が期待できるか」を見極めることが難しくなり、単なる技術知識についての発表会で終わってしまう残念な面接もあるようです。

こうした場合、まずは技術職としての経験でやってきたことを、自分なりに整理し、自分自身をアピールする材料を探すことから始めましょう。そして、どのようなキャリアで進んでいくか戦略的な考え方が大切です。

理系技術職の転職で面談がうまくいくおすすめの方法

理系技術職の転職で面接対策としておすすめの方法は、やはり「転職エージェント」の活用です。

転職サイトには、一般的に公開されていない『非公開求人』が存在します。転職サイト経由で公開求人を紹介された場合には、その求人についてキャリアアドバイザーに伝えて面談を受けることになりますが、非公開求人は応募が殺到して枠がなくなってしまう可能性が低くなります。このような面接のセッティングについて、キャリアアドバイザーに対応してもらうことも可能なので、自分のキャリア戦略にそった転職をしっかりと行えると思います。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは優秀な人材を求める企業からの信頼も厚く、技術職の転職について丁寧にサポートをしてくれます。面接対策もバッチリです。実際に転職する際には、キャリアアドバイザーの意見を聞きながらキャリアパスをイメージしながら決めましょう。

技術職の転職を成功させるためには、転職エージェントの活用をおすすめします。まずは理系に強いエージェントで登録してみてください。転職サイトと合わせて活用すれば、効率的に企業を探すことができるでしょう。

理系に強いエージェント【UZUZ】

どうしても面接が苦手という場合は、こちらも参考にしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました