理系の転職〜外資系企業はどうか

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術職の転職で外資系企業はどうか

理系技術職の転職で外資系企業を選ぶメリット

理系技術職の転職で外資系企業を選ぶメリットは、日本の大学で研究してきた、海外の大学で学んで来たという枠にとらわれないチャンスに恵まれることです。

つまり、それまで出会ったことのない企業や技術、考え方との出会いがある可能性が高く、自分のキャリアや専門性を活かしてグローバルな活躍の場が拡がることになります。日本の理系技術職の良いところとしては、専門性が他分野と通底する幅の広さが挙げられます。

世の中の仕組みの理解や問題解決が、基本的には各専門分野の知識のみで完結しないこともあるため、専門性の高い技術とその考え方の理解が必要不可欠になります。

ちなみに、文系技術職の魅力としては、先入観にとらわれない自由な発想の転換ができることです。理系技術職の場合、文系の場合は技術者とは真逆で、研究職というひとつのことを突き詰めてやっていくことが仕事になります。

理系技術職が外資系企業に転職してうまくいく方法

理系技術職が外資系企業に転職してうまくいく方法は、あらかじめ目標をはっきりと立てることです。

外資系企業への転職では、「転職の目的」や「キャリアのステップ」を整理してノートにまとめることは、転職活動において大変重要です。なぜそうなるのかといえば、自分のやりたいこと・自分の進むべき道がはっきりしてくるからです。

技術的な内容に関しては、転職先の企業がおもにどのようなことを求めているのかを判断します。自分の中にすでに身についている技術や知識が整理され、転職先をイメージするのに役立ちます。転職先企業のホームページの用語集などをあたって、用語を調べておきましょう。どのような技術や知識が必要かを事前に把握することで、自分が転職したらどういった環境で働くことになるのかイメージがしやすくなります。

技術的な内容を整理したら、あとは書類選考・面接対策の準備です。転職先の企業が具体的にどのようなスキルを求めているのかを判断します。それをメモし、転職活動をする前に転職サイトをチェックします。新しい業界や技術分野、社内においてはどういった人が求められているかを自分で理解することで、選考を通過する確率を高めることができます。

キャリア戦略については、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

理系に強いエージェント【UZUZ】

技術者のキャリアについて、あまり考えてこなかった人には、こちらがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました