理系技術者の転職で面接の基本は清潔感

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の転職で面接の基本は清潔感

理系技術者の面接で清潔感に気を遣うべき理由

理系技術者の面接で清潔感に気を遣うべき理由は、 ・論理的に思考を推し進めていくことの出来る、積極的な性格である事をアピールすることができる ・研究分野の説明、研究においての専門性をアピールすることができる ・積極性や行動力に共感を得ることができる など、理系の技術系職において、理系学生に求められる要素をアピールすることができるからです。 面接において、コミュニケーション能力が重視されていることを考えると、論理的思考力はもちろん、言葉遣いなども丁寧に話すことで理系技術職の向上心をアピールしましょう。 また、面接官が持っている能力や求める人材にどのような素養を持っているかを確認する場として、面接の場があるということも忘れてはなりません。

面接官への思いや志望動機を中心に話すように努める一方で、相手の目には入らない部分で、相手にとってマイナスイメージがないよう気をつけて、清潔感のある態度で面接に挑むことが大切です。 技術職と言えども面接時はマナーが求められる技術系の面接ですので、マナーを意識して就活を乗り切っていきましょう。

理系技術者の面接時の清潔感のポイント

理系技術者の面接時の清潔感のポイントは、見た目がそれほど悪くない、髪が伸びたら整えてセットしているというだけで清潔感のある人に見えやすいという事です。爽やかな雰囲気は面接の表情にも出るものですが、会話の途中で目線が斜め下にいってぎこちない挙動をするだけで好印象度はかなり下がってしまいます。コミュニケーションを取りたい気持ちがあったとしても無理に会話をしようとはせず、あくまで素直な気持ちを伝えるのが重要です。

誠実な態度で、今よりも良い結果を生み出せるようにする事を大切にしてください。会話の最後に質問などがあったら失礼のない範囲で行い、最後まで笑顔で対応してください。

それが好印象につながり、好印象な人の印象がそのまま合否を左右する事にもなります。研究内容についても、研究内容や関連する業界に関する情報を普段から収集しておきましょう。

自分が研究している内容を端的に説明する事ができますが、どのような研究者に向いているのか、研究内容を活かしてどのようなキャリアを積んでいきたいのか、といった点を明確にしておくとより好印象を得られます。

理系技術者が面接時の注意点を転職エージェントに相談する理由

理系技術者が面接時の注意点を転職エージェントに相談する理由は、実はここにあります。 一つは、外資系やベンチャー、大手メーカーなど、どの業界のどのような企業に勤めたいと考えているのか、希望を伝えることによって、その業界に関連した技術に詳しい面接官を紹介してもらえるため、効率的な選考対策が可能になるからです。それ以外にも、業界ごとに面接で聞かれるポイントは異なっていますが、転職時期の目安は企業ごとに異なるので、参考までに転職エージェントの担当者に教えてもらうこともできます。

業界の知識は、営業職や経理職のように経験がなくてもカバーできる職種もあります。しかし面接官の立場から見ると、仕事の内容がよく分からないのに、他社の同僚と似たような経歴の応募者より、少し異なっている経歴の方が、より自信を持って自分の能力をアピールできると考える傾向があります。

そのため、履歴書や面接準備で、業界の知識や情報をある程度は身につけておくほうが有利になるのです。 ただし、内定を獲得して会社に入職してから、「前の会社からクレームが来ました」などという話は、あってはならないことです。

タイトルとURLをコピーしました