理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現する方法

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現する方法

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現するために考えておくこと

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現するために考えておくことは、まず自分のスキルやキャリアについて考えなくてはいけません。単純に、地方でやりたい仕事があり、そこで働きたいというだけでは駄目です。ワークライフバランスを重視するのであれば、ある程度自分のスキルやキャリアにもこだわらなくてはいけません。

自分の現在のスキルではどの程度のワークライフバランスが必要なのかを考えます。そして、それを実現可能なものにするために何をすべきか、転職サイトや転職エージェントに相談してみます。

これが転職活動の第1段階です。どんな企業を視野に入れているのか、応募する企業を何社程度用意するのか、どんな条件で応募するのか、自分のライフプランを実現できるだけの転職先、仕事があるのか、転職活動のかたちを決めていきます。そのなかから、転職したいと思う企業の条件を組み合わせて、キャリアプランを組み立てていくのです。

内定が得られたら、ワークライフバランスを実現している実感がわいてくるのではないでしょうか。転職活動に不安のある人は、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

相談したこと、迷っていることなど、アドバイスがもらえるはずです。

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現するために準備しておくこと

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現するために準備しておくことは、基本的に仕事量に比例します。なので、田舎では現場がかなり忙しかったり、人が足りなかったりするケースが多くあります。そのため、仕事の割には収入が少ない傾向にありますが、地域によってはまだ人が足りていないところもあります。

そういう地方では、契約で契約時間が正社員より短くなったり、休みが少なかったりするケースもあります。そういった地域は若い技術者の転職先として人気がないので、採用されてもすぐに断られてしまうケースもあります。

そういうところを避けるためには、転職エージェントを利用して、年収が多めの求人を紹介してもらいましょう。転職先に求める条件を入力しておけば、紹介してもらえる求人は自分の希望に合ったものが送られてきます。

さらに、面接や交渉も代行してくれるので、自分で転職先を探すよりもずっと効率的です。田舎で一人暮らしをして生活していく場合、通勤に時間がかかってしまいがちですが、転職エージェントを利用していれば交通費を割いて転職エージェントのオフィスに通う必要もありません。

利用は無料で、ネット上のフォームやメールに記入するだけで簡単に登録できます。

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現するために転職エージェントに依頼した理由

理系技術者の地方への転職でワークライフバランスを実現するために転職エージェントに依頼した理由は、以下の3点でした。 周囲の人と同じように仕事ができるようになった。 技術系でない他の仕事ができるようになった。 地方への転職では、上記3点がとても重要でした。 一般的な地方企業の技術系求人の場合は、どうしても東京周辺が多いように思います。 このため、キャリアの浅い人は、転職すること自体が難しく、またある程度のキャリアを積んだ人でも、一度都市部に住んだことのある人は、再度生活することを選択して転職する動機が非常に薄くなります。

(この点は、転職サイトも都市部に偏り、地方では転職情報が極端に乏しいことが、一因と思われます。) こういった状況下、地元に根ざしている企業であれば、転職情報も少なくて済みますし、転職のためのサポートも受けられるため、転職活動をやりやすく感じました。

地方での転職の場合、東京に比べて年収が下がってしまうことがデメリットとしてあげられます。 ただ、一方で都心のような混雑した通勤を考えると、時間の浪費であり、転職したほうが自分にとっては良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました