理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならない方法

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならない方法

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならない方法

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならない方法は、社内での評価対象を技術力でなく業務遂行力(能力・実績)に高めていくことです。そのためには、開発環境の開発だけを切り出してチーム編成するのではなく、設計や開発・試験のプロジェクトに関わる全てを洗い出して、チーム編成を行うことで、各エンジニアの業務遂行力を適切に評価できる体制を整えていきます。業務遂行力評価を社内で標準化できれば、それぞれのエンジニアが持つ能力を適切に評価することができます。

そして、各エンジニアの能力を可視化して、能力の低いエンジニアのポテンシャルが顕在化すれば、開発効率が向上して個々のエンジニアの業務満足度が高まります。その結果、エンジニアとしての能率が上がり、自らのスキルアップにもつながります。

自らは業務遂行力で評価されている、業務を遂行する充実感がある、と考える社員のモチベーションも高まり、ますますスキルアップして技術力も向上する好循環が生まれます。このような形で社員一人ひとりが業務遂行力を向上させるしくみが構築できれば、企業の競争力を高めることにもつながります。

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならないためのポイント

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならないためのポイントは、とにかくまずは何でも自分でやってみることです。会社からの要望に断りを入れるのでもかまいません。直接指示をもらわなくても、その背後にいる人を手伝うことができるのでもかまいません。たとえば、何月に何がやりたいとか、何日の何時からセミナーをやると言った段取りを自分で調べて、とにかく自分でやってみるとか、プログラミングコンテストに参加してみるとか、先輩の話を盗むとかです。

とにかく、自分でやってみる。ちょっとでもそれっぽいところがあれば、必ず何かしら自分の中に残ります。そして、その技術を使えば、こうしたい、ああしたいと心の中で思っていたことが叶えられるかもしれません。

まず自分で何でもやってみることはとても大切です。全部完璧にできる必要はないですが、せめて出来ることはゼロにしないように努力したいところです。技術に関して、先輩に聞けばいいというのはその次です。

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならないための注意点

理系エンジニアが会社で文系の社員に便利に使われておしまいにならないための注意点は、まず英語と統計学であると言えます。 企業は主に経理および労務事務の生産性分析や品質管理部門において、英語を必要とする事例を非常に多く見てきました。 それは、会計や税金に関する統計を利用することがあるためです。

マーケティングでは、セールストークや営業戦略の資料を作成する中で、それらの数字が必要になりますので、最低限の英語の知識が必要となります。 統計学の知識は英語のソースを広く利用するために必要になります。 例えば、統計モデリングを用いた統計手法では、比較的多数の事例について統計的な推定を行いますので、汎用的な数値データが必要です。

そのような数字を得るため、統計ではサンプルサイズが使用されます。 このサンプルサイズが必要なサンプル数が例えば1ですとすると、10であるとすると1サンプルが10分の1のサンプルで、そのため1つのサンプルの値から得られる合計データ量を理論的に説明できることになります。

タイトルとURLをコピーしました