理系技術者が退職後に転職活動を行う場合に長期化しないように注意すべきこと

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が退職後に転職活動を行う場合に長期化しないように注意すべきこと

理系技術者が退職後に転職活動を行う場合に長期化しないように注意すべきこと

理系技術者が退職後に転職活動を行う場合に長期化しないように注意すべきことは、数ある転職サイトから自分の希望に合った仕事を見つけられるかどうかです。そのためには複数の求人サイトを利用して、情報を得てから厳選して応募することが肝要です。各社の情報の取捨選択が肝心です。

また、サイト選びに時間をかけてみても良さそうです。なぜなら、優良企業もたくさん存在しているためです。転職をしたいと考えた時、できれば早めがベストです。未経験から働くことを考えると、アルバイトや派遣社員から経験を積みながら正社員を目指すのが一般的です。そのためにもしっかりと求人情報を集めて探す必要があります。そのためにも複数のサイトで情報を得て、色々な角度から求人を比較することが大切なのです。また、年齢制限があったり、専門的な資格などを持っている方が有利であったりする案件もあるので、転職活動中は忙しくても情報を収集し続けなければなりません。

ただ闇雲にサイトを探し回ってよい案件が見つかるとは限らないので、特に慎重に選ぶ必要があります。

理系技術者が退職後に転職活動を行う場合、長期化しないように転職エージェントへの登録だけは早目にしておくことをすすめる理由

理系技術者が退職後に転職活動を行う場合、長期化しないように転職エージェントへの登録だけは早目にしておくことをすすめる理由は、意外にも、登録後のお得意様リレーション強化につながっているからである。登録される側のニーズとしては、「この業界の分析力があり、転職者側に十分な情報を開示してもらえそうだ」、「この企業の仕事内容や社風を理解して期待外れだった経験を回避してくれる」といったものだ。そのため、応募の際の基準をテクニカルなものに置き換えることが容易になり、結果的に、転職者が当たり負けしないリレーションを構築できる。

あるいは、それを望むエージェントに情報を提供することにもなる。転職エージェントという同じセグメントの中で競争力を高めたいからこそ、転職エージェントには、求職者への技術力以外の付加価値提供が求められる。そのため、求職者が求める情報を提示すれば、その段階で求職者リレーションが確立し、企業側が求める際に、その求職者を知るエージェントが求職者の代理として企業にアプローチしてくれるのである。

タイトルとURLをコピーしました