理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジするメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジするメリット

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジするメリット

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジするメリットは、新しい環境で学べる新たなスキルと経験を得ること、あるいは逆に、以前と同じ様な環境を再び目指すのではなく、同じ職場で高みを目指すことにあります。前者の場合は前回の採用担当者から多くの評価を受けることによって、職場でも高い地位に就く可能性が高まるため、転職先の企業からより高い報酬を得ることができる傾向があります。後者の場合、また前職とは異なる企業からのオファーを受ける可能性が高まる為、結果として転職にかかる期間が短くなる傾向があります。

職種によって求められる能力や、専門知識の内容はそれぞれ異なりますが、転職先選びの際、将来のキャリアプランを正確に決定する必要があり、その為には現状のスキル・経験を正確に把握した上で、将来就きたい職種に関わるスキルや専門知識を習得することが大事になります。DODAキャリアサービスでは、技術職・開発・機械エンジニア転職フェアに定期的に参加し、常に最新の求人情報を収集しています。

そこで得られた情報やスキルを参考にしながら、転職活動をして頂ければと思います。

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジする場合のポイント

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジする場合のポイントは、同分野や分野に近い職場や、未経験でも可の職場を狙えるので、諦めず転職活動されることをお勧めいたします。逆に今までの分野が遠い方が、やはり技術者として自信や経験にも繋がり有利であると言えます。現在転職先をお探しの方の中で、ご自身の専門分野での経験が無い、または、もう若くないので新しい職場で経験を活かす事が出来るのかという不安をお持ちの方は、新しい道を探すのも有効な手段です。

未経験の場合、一度転職した会社で一定のスキルや経験が出来ているのであれば、次の職場でもその経験やスキルを活かして働く事が可能です。業界や分野を絞って転職活動をされる場合は、転職情報誌やサイトなどで探してみられるのもありかと思います。

一度その業種や分野への転職を経験された方から話を伺ったり、相談してみるのも良いかもしれません。実際にその業界や分野に通じた方や、採用経験のある方からのアドバイスは、必ずやご自身の転職活動にプラスになる情報を得られる事でしょう。

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジする場合に、転職エージェントに相談するのがおすすめの理由

理系技術者が転職を検討する際に過去に不採用となった企業に1年経って再度チャレンジする場合に、転職エージェントに相談するのがおすすめの理由は、企業側が「1年経ったし大丈夫だろう」と判断せず、その技術者をきちんと見捨てていないことを転職エージェントは企業側から確認しているという点です。特に、同じ企業内の転職の場合、これまで行ってきた仕事の内容を見て判断しており、過去の不採用理由が企業の企業風土や、面接でいかに熱意ある態度でアピールしても、その技術者が受け入れられなければ入社することはできません。転職エージェントであれば、企業がどれくらいの期間で再度その技術者の応募を受け付けるかは事前に詳しく確認しており、企業が「また1年、しかも1年しか応募を受け付けてくれないならやらないか」と切り捨ててしまう前に、もう一度その技術者にチャンスがあるかどうかを確認してもらえるのです。

だから、まずは転職エージェントに相談してみましょう。ただし、転職エージェントが企業側と求人を挟んで仲介する転職エージェントと、採用の依頼を受けて企業に推薦する応募者と両方の役割を担っているエージェントもあります。

タイトルとURLをコピーしました