理系の転職でなぜキャリア形成に失敗するのか?

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職でなぜキャリア形成に失敗するのか?

理系の転職で多くの技術者がキャリア形成に失敗する理由

理系の転職で多くの技術者がキャリア形成に失敗する理由は、面接で必ずいわれる「前職の会社での実績」という壁です。面接では、転職を希望する社内の実態を知らないうちに判断してしまいがち。その結果、希望する社風と合わなかったり、意欲が低かったりすることを面接で面接官に伝え、志望度が高くなかったことで落とされてしまうようなケースが少なくないのです。

こうした、面接の場で経験者の失敗談は、特に事務系での経験者を心配させ、難易度を上げる要因になっています。 そこで、今回開発したツールに、未経験者の履歴書をサポートする機能として、志望業界の説明や説明会の日程、応募書類の書き方、入社前の面談方法などを、動画形式で入力できるよう設計しました。

応募先の企業の生の情報を、スムーズに入手することができるツールです。 動画で伝えられる情報は、担当者の経歴やスキル、会社の理念や社風、求める人物像、入社後の活躍イメージなど、応募者が気になる質問にも回答できる内容になっています。

理系の転職で多くの技術者がキャリア形成に失敗するという考え方のポイント

理系の転職で多くの技術者がキャリア形成に失敗するという考え方のポイントは、その技術者の入社後の実績を見ていないことです。転職市場に数多くある技術者には、有名大学出身で国家資格を持っている人や、専門学校で1年間ほど研鑽を積んでいた人や、転職先の会社の専門分野に通じていた人が多くいます。このような専門職の求人は、転職サイトで常に閲覧可能となっています。

しかし、自社で技術研究を委託している大学の教授が、自分の大学の研究成果を依頼先に横流しするといった話は、ネット上のニュースに頻繁に出ています。つまり、技術者を採用する際には、その転職の事実が会社にとって本当に意味のあることかどうかを、見極める必要があります。

専門技術者の場合、資格の有無が大きな判断材料になります。その技術研究を指導してきた大学の教授が大きな影響力を持っているかどうかは、転職によって大きな影響を就活生に及ぼします。大きな影響力を持っている場合は、面接の場でその理由を質問される可能性があります。

転職サイトに掲載されている転職の理由は、虚偽の内容でない限り面接の場で質問されません。嘘を書いてはいけません。

理系の転職で技術者がキャリア形成を意識するには転職エージェントに相談した方が良い理由

理系の転職で技術者がキャリア形成を意識するには転職エージェントに相談した方が良い理由は、どんなものがあるでしょうか?業界ごとに技術のトレンドが異なっている点が理由です。ITエンジニアの転職は、「アプリエンジニア、SE、エンジニア、Webエンジニア、プログラマー、コーダー、データベースエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、Webプログラマー、Webディレクター、Webデザイナー、Webライター、Webエンジニア、Webマーケター、Webデザイナー、Webアナリスト、Webエンジニア、Webコンテンツプランナー、Webクリエイター、ウェブプログラマー、Webエンジニア、Webコンサルタント、Webマーケティング担当者、Webマーケター、Webコンサルタント、Webエンジニア、Webマーケター、Webマーケター、Webデザイナー、Webクリエイター」などです。技術者のキャリア形成が難しいのは、技術トレンドという変動が大きいことです。

新しい技術が登場し、いつ技術者が活躍できる、あるいは活躍できない環境になるかということは全くわからないのです。

タイトルとURLをコピーしました