理系の転職でなぜポテンシャルを活かせないのか?

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職でなぜポテンシャルを活かせないのか?

理系の転職で多くの技術者がポテンシャルを活かせない理由

理系の転職で多くの技術者がポテンシャルを活かせない理由は、化学系と理工系という学問の別の特性を考慮できていないことが原因の一つです。 例えば、私の仕事は「市場調査」でしたが、依頼を受けた担当者は物理、数学、人文科学、社会科学、語学、コミュニケーションスキルといった別の分野を経験しています。 一方で、専門家として幅広い分野の解析を依頼されるケースがあります。

そのような場合、実は理学、工学、文系の違いではなく、研究スタイルや発表のしかた、データの取り扱い方法から論文の書き方、データの分析法まで、多岐にわたるのです。 複数の分野のエキスパートが必要になり、そうした課題が若手社員の採用を難しくしているのだと思います。

そのため、今はエンジニアの教育に時間をかけるのではなく、開発プロセスの標準化と教育マニュアルの浸透に力を入れるべきだと思います。 当社も複数の部門で開発プロジェクトを進めており、それぞれのスキルを持った人が複数名混在しています。

しかし、開発プロセスには標準がないので、マニュアル化を進めていかなくてはなりません。

理系の転職で多くの技術者がポテンシャルを活かせないという考え方のポイント

理系の転職で多くの技術者がポテンシャルを活かせないという考え方のポイントは、ポテンシャルだけでは、転職に不利になる事を理解していないことである。企業内のポテンシャルとは、組織に内在する、人物としての側面からの適性であり、企業への貢献度を測る指標となっている。そのため、企業が即戦力として求める人材には適性があるため、適性を見て採用するか否かは決めているといえるだろう。

それに対して、理系の転職でポテンシャルが転職において不利になることは、すでに企業で活躍していなければ、そのポテンシャルを活かす機会が失われ、結果として転職においても、不利になるからである。そのため、理系の転職で企業がポテンシャルでの判断が、戦略的に重要な判断と考えられる場合は、企業内にいない人材としてのポテンシャルを求める事は考えづらいといえるだろう。

ただし、ポテンシャルは、企業内である場合、業務の経験があることが前提となる。

理系の転職でポテンシャルを活かすには転職エージェントに相談した方が良い理由

理系の転職でポテンシャルを活かすには転職エージェントに相談した方が良い理由は、ポテンシャル重視の転職の場合、転職エージェントはその人のポテンシャルが見えているし、ポテンシャル重視の転職だからこそ非公開で求人を探しているからです。 履歴書や職務経歴書を読んだだけでは、その人のポテンシャルがわからないのです。職務経歴書の中では、書けることが限られているですし、そういった人は転職エージェントなら職務経歴書の書き方や面接のコツを教わることができるので積極的に利用すべきです。

また、自分のスキルと適性を把握できている人も転職エージェントに相談することで転職活動の軸がブレず、強い意志をもって転職活動を進められるはずです。ただ、どの転職エージェントでもポテンシャルを見抜いてくれるかというとそうではありません。

ただエージェントの利用はメリットしかありません。内定は絶対に取れないし、転職のプロは転職でこうするべきというアドバイスは普通は出してくれません。 ですが、キャリアアドバイザーに自分がどんなタイプの人で、そのためにどんな戦略や戦略を実行して、その効果を数字で把握しているという点を伝えるだけでもアドバイスは変わってきます。

タイトルとURLをコピーしました