理系技術者が転職する場合に嫁ブロックで失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に嫁ブロックで失敗する場合

理系技術者が転職する場合に嫁ブロックで失敗する理由

理系技術者が転職する場合に嫁ブロックで失敗する理由は、採用側の目線で、理系技術者が期待しているレベルと技術者のスキルが釣り合ってない場合がある事と考えられます。確かに、私と同じ大学出身の営業マンは30歳になり、独立するまで出世する事はありませんでした。しかし、私は独立した後も数社の競合から指名される仕事もあり、技術的な向上が図れている事が事実です。

ただし、技術も上がれば上がれば・・・ですが。技術も重要ですが、それを活かす人財の技量が向上してる事が最大のポイントと思われます。私の話は小難しく、技術者の転職ではなかなか理解頂けない様に思われます。

また、転職はあくまで自分自信の為に行うもの。理想ばかり追い求めても、人生は短すぎます。大企業も競争激化の市場環境で生き残るのに苦心してます。技術者の転職では、自分のスキルに客観的な評価も必須となります。これは、自営業であればすぐに改善できる事ですが、雇用されている身にとって非常に難しいところ。

理系技術者が転職する場合に家族との意見の調整をしっかり行うポイント

理系技術者が転職する場合に家族との意見の調整をしっかり行うポイントは、事前に家族に相談をし、転職をしないほうが良いと判断されたら、上司にその事実をきちんと伝えておくことです。家族との意見調整が後手に回らないためにも、転職をする前に必ず両親にも相談するようにしましょう。また、自分の意見を伝えたうえで、どうしても残りたい、残りたいけれど家庭の事情があり転職をする意思があるなど、家庭内での理由、事情をしっかりと伝え、もし家族の考えと相違点があれば転職の理由を見つめなおしましょう。

残りたい、どうしても残りたいのであれば、今の仕事の優先順位を高くして、時間のやりくりをしっかりとし、成果で示しましょう。そうして成功すれば、転職は大きな転機となるはずです。

しかし、もし家族に反対されたからといってあきらめてはいけません。あなたが持っている、そのエンジニアとしてどうしても叶えたい夢があるならば、必ず道は拓けると信じて邁進しましょう。エンジニアとして転職を成功させるためにも、是非自分の夢を家族で共有し、大きな壁に立ち向かっていきましょう。

理系技術者が転職する場合に家族との意見の相違がある場合に転職エージェントとの早目の相談をおすすめする理由

理系技術者が転職する場合に家族との意見の相違がある場合に転職エージェントとの早目の相談をおすすめする理由は、双方の納得のいく新しい職場を見つけることが難航するケースが多いからです。特に専門技術を必要とする化学プラントの場合には、専門用語が飛び交うことが多く、また専門分野が違うので、話が噛み合わなかったり、研究職における給与の話をすると「だったら会社を辞めて製薬会社に行けば」なんて言ってくることはよくあります。このような場合には家族や友人といった相談できる人材との連携は必須です。

家族を含む相手先の理解が得られない場合には転職を断念することも覚悟しなければなりません。しかし、十分な理解が得られていれば、家族もあなたに心強い味方のひとりです。

そうであれば、家族も含めた連携によって求人の紹介や、新しい職場の情報など、具体的な話を進めることができるので、転職による問題解決が早く進みます。家族の協力を得られやすい環境を作ることができれば、転職成功の可能性は高くなります。

求人情報を見ながら、転職を考えている研究職・プラントエンジニアの家族との意見の相違に対応できるように事前に検討を進めておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました