理系技術者が転職する場合に面接の印象で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に「面接の印象」で失敗する場合

理系技術者が「面接の印象」で転職失敗する理由

理系技術者が転職する場合に「面接の印象」で失敗する理由は、向上心や、ポジティブさが足りないと、受け取られてしまうことでしょう。

前向きな志望動機でなくても熱意を伝えることができれば、学歴によっても違ってくるかもしれませんが、正社員として合格する確率は、アップすると考えます。転職活動は在職中から実行し、転職先が決定してから辞職するのが理想です。

退職してからの方が、時間が自由に使えますし、すぐにでも働き始めることができますが、すぐに転職先が決まらないこともあります。無職の期間が半年以上になると就職先が探し出しにくくなりますから、勢いで今の職を辞めないようにしてください。

転職の際、資格が全くないより転職先が要求するスキルに近い資格を有している方が有利かもしれません。しかし、最近では、要求されているのは、資格よりも実務経験であるため、資格を持っていない場合でも実務の経験が長い人の方が就職に有利な場合もあります。専門職では、求人に際し、その条件として指定された資格を持つことが条件などと提示されている求人もありますので、転職先に専門職を目指すなら資格を持っている方が有利なのです。

このように、「面接の印象」は、コミュニケーション能力を磨いたり、資格の取得などで印象をよくすることができるので、積極的に取り入れるようにしましょう!

理系技術者が転職する場合に「面接の印象」で好感度を得るポイント

「面接の印象」で好感度を得るポイントは、身につけている技術の会社における強み、貢献してきいたいことなどを具体的にわかりやすく話せるようにするのが良いでしょう。

前提として、スキルの低い人が合格通知を貰うのは難しいですよね。前職での経験や、大学で学んだことが「仕事でどう活かせますか?」と聞かれれば、ずばり「すぐに役立つことはないけど、興味を持っています。」などと答えられるようにしておきましょう。

企業が求人を出すときは「技術の強み」にフォーカスしている場合が多いです。技術的なスキルが高いことは会社にとって有益で、多くの求職者に応募してもらいたいと思っているはずです。

しかし、多くの応募に対して、志望動機や自己PRの内容もしっかりアピールできるように準備しておくとことが必要です。企業の求めている技術者像と、転職希望者の希望が一致するかどうかのチェックも必須です。

「面接の服装マナーなどに自信がない場合」は転職エージェントに相談

理系技術者が転職で面接をうける際、「服装マナーなどに自信がない場合」は、転職エージェントからアドバイスをもらう方が良いです。技術職向けの転職エージェントの方が、特に面接対策にしっかりと力を入れているからです。スキルは十分あるのに、清潔感がない・身だしなみが良くないなど、技術者によくある服装マナーで『不合格』になったりしたら、もったいないですからね!!

ちなみに、転職エージェントの転職サービスでは、キャリアコンサルタントにこれまでどの分野の技術を磨いてきたのか、その技術にどのようなスキルが身についているのか、技術職だからこその転職活動で成功する秘訣などを聞いてもらうことが出来ます。また、転職エージェントでは一般では非公開になっているような求人情報が数多く用意されているのもメリットです。

実は、非公開求人というのは非公開求人と呼ばれる求人で、転職エージェントの利用で転職するチャンスが生まれます。特化型の転職エージェントでは取り扱っていないような、一般公開求人のみならず、コンサルタントとの面談で提案してもらえる非公開求人も転職エージェントなら提示してもらうことが出来るので、より自分の理想の条件の職場が見つかる可能性が高くなるのです。

さらに転職エージェントには幅広い求人を取り扱っているので、高収入の求人を探しているという場合は転職エージェントに登録すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました