理系技術者が転職する場合に面接時の入社後に何をしたいかという質問で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に「入社後に何をしたいか」という質問で失敗する場合

面接時の「入社後に何をしたいか」という質問で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に、面接時の「入社後に何をしたいかという質問」で失敗する理由は、自分のスキルが十分に伝わっていないと、企業側から相手にされないからです。

そのため、エンジニアは転職する場合の履歴書にも、具体的に仕事の達成根拠を書く必要があります。また、学生時代に力を入れたこと、企業に役立つことがあれば詳細に記載してアピールすると効果的です。

エンジニアとしての技術的なアピールだけでなく、仕事の責任感、能力の高さ、仕事のやりがいをアピールするためにも具体的な仕事内容について詳細に記載します。面接時に重視される代表的な質問をまとめたので参考にしてください。

企業によって質問内容に違いがあるので、面接を受ける前に面接官から何を質問されるかを予想しておくと受け答えがスムーズになります。面接で質問されても答えに困らないよう、万全の準備をしておきましょう。もし不明な点があれば、採用担当者に直接質問して情報を手に入れましょう。

人材紹介会社を活用するという方法もあります。転職活動に役立ててください。

理系技術者が転職する場合に面接時の入社後に何をしたいかという質問で好印象を得るポイント

面接時の「入社後に何をしたいか」という質問で好印象を得るポイントは、回答の内容もさることながら、回答の際の姿勢にも注目です。

技術職では、即戦力が重要視されるため、自分のスキルや経験を説明する機会が多いですが、実務経験がない未経験者の方の場合は、入社後にどういう事をしたいかをイメージしやすくするために、入社後の目標や展望などを含めた回答にすると良いでしょう。 また、質問に対しては自信を持って答えられるよう、事前の準備が必要となります。

入社後にどういう事をしたいかという質問に対しての回答の際は、その考えに至った経緯や経緯から導き出した答えを簡潔に回答し、理由を明確にすると良いでしょう。

未経験者の方の回答例としては、なぜ未経験なのか、何故当社を選んだのか、どういう目標を持った人材なのか、入社後どういうことをしたいのか、という質問に対して上手く答えられるように事前に考え準備しておくと、面接時に好印象を持って貰えます。

技術職の場合は、アピールしたい技術や知識について、より魅力的に理解してもらえる様に、他者に説明できるように準備しておきましょう。

理系技術者が転職する場合に面接時の入社後に何をしたいかという質問など良くある質問は転職エージェントと事前に確認しておく方が良い理由

理系技術者が「入社後に何をしたいか」という質問など良くある質問は、転職エージェントと事前に確認しておく方が良い理由は、こういった情報を転職エージェントがエージェント登録時の記載内容に事前に記載してくれるため、実際にその企業での「面接で想定される質問に対して事前に想定し答えを予め用意しておくこと」ができるからです。

ただし、想定外の質問をされた時に上手く答えれないこともあるため、事前にしっかりと確認・練習しておく方が良いですよ!

さらに、企業側からの質問は、予め書いてある求人情報を元に面接官が発する質問と言うこともあって求人票に記載されている内容と企業から質問される内容が違うこともあります。

その為、面接前には求人票に記載されている採用関連情報はしっかりと理解していないと、企業への質問に対して「説明が無かったから分かりません」と企業の事を理解していないことが露呈してしまったり、その場で想定外の質問の回答として適切に分析できていない回答をしてしまって『即不採用』とされてしまうこともあります。

タイトルとURLをコピーしました