理系技術者が転職する場合に面接時の会社を辞めてからブランクがある理由を問う質問で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に「会社を辞めてからブランクがある理由」を問う質問で失敗する場合

「会社を辞めてからブランクがある理由」を問う質問で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に、「会社を辞めてからブランクがある理由」を問う質問で失敗する理由は、どの企業も技術者を採用するためにブランクがある人が応募してきた場合の対応を想定しきれていないからです。

仮に「過去に開発経験はありませんが、応募してみました。どうでしょうか?」なんて言われたら、採用される可能性はほとんどないでしょう。なぜならば、一般的に、流動性の高い業界ではブランクって無い方がいいに決まってるからです。

ブランクが肯定的に受け入れられるような回答を準備すべきです。

たとえば、「スキル習得のための勉強をしていた」とか、「自分でソフトウェアを開発し、公開した」とか、ブランク中でも開発経験やスキルを高める期間であったことがアピールできると良いです。

面接時の「会社を辞めてからブランクがある」を問われ、好印象を得るポイント

理系技術者が転職する場合に「辞めてからブランクがある理由」を問われても好印象を得るポイントは、技術スキルを考慮した上で、転職で企業に相応しい経験を生かして貢献する事が出来るというアピールをする事です。できれば、ブランク期間もこの点を高められるように説明できると良いです。

面接で聞かれる事は、スキルを面接官に理解させる事ですが、面接官は技術者の背景にある過去の経験とスキルを重視して判断しています。この為、自分の能力が会社に必ず貢献できると具体的にアピールする事で、面接官に「仕事が出来る」「即戦力になる」という印象を与える事が出来ます。このような点が認められれば、ブランクからの転職でも、「すぐに入社できる」という点が好印象として受け取られるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました