理系技術者が転職する場合に面接時の会社を辞めた理由の質問で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合に「会社を辞めた理由」で失敗する場合

理系技術者が転職する場合に「会社を辞めた理由」の質問で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に、「会社を辞めた理由の質問」で失敗する理由は、できるだけ前向きな意見で回答すべきです。どうしてもこの理由を話したくないという場合、 自分が辞めたことについての合理的な理由があったことをスピーチするのは構わないはずです。しかし、自分の事を誇張しがちに話すのは、よい印象を与えませんから注意が必要です。

できるだけ、他の人の目線に立って、自分の事を評価してもらう話し方をしましょう。

もちろん、これらの回答にベストはありませんし、面接官とのコミュニケーションを無駄にしないために、できるだけありのままを話す事が大切です。面接には、誠意を持って対応しましょう!

理系技術者が転職する場合に「会社を辞めた理由」で好印象を得るポイント

技術者として「5年以上の実務経験がある人」が転職する時には、職務遂行上または実際の職場での人間関係での悩みや、自身の技術的・人間的な向上心など、面接官にも共感してもらえるような回答を準備をしておくことも、面接対策として好ましいでしょう。

その他には、退職理由の中で、スキルアップやキャリアアップを目的に職を変える場合にも、好印象を与えるような理由を説明できるかどうかで、評価や印象が大きく違ってきますので、意識して、転職の理由を考えるようにしてみて下さい。

いずれにしても、面接時には自分の考えを明確にし、好印象になるよう、転職理由を準備しておくことも、面接への準備としてお勧めです。

余談ですが、転職するタイミングも考えておきましょう。技術系の人材ならば、企業の即戦力になれる職務経験のある職歴はプラスになることもあるのです。

「会社を辞めた理由」など、良くある質問は転職エージェントと事前に相談

理系技術者が転職する場合に「会社を辞めた理由」など良くある質問は、転職エージェントと事前に確認しておく方が良い理由は、本音で答えるべきであるが、嘘ではないけれど「でも実際には・・・」となどと、言い方で印象や信頼度が大きく変わることがあるからだ。

「本音」がある事を語ってしまったら、あなたの経歴まで疑われることになりそうなので、要注意!

自分が面接官だったとしたら「この経験、ご都合主義で使いそうなことだな」なんて感じられてしまう場合もあるからだ。嘘をつきたくなければ、一般的な回答に自分の意見を添えるなどの工夫ができないかを検討してみるのもよい。

「面接がうまくいかず不採用になる」ことが多い、要するに『面接が苦手』とわかれば、早目に具体的な対策を徹底しよう!

「なぜ転職したいと思ったのか」「どうしてその仕事が自分に合っていると感じたのか」「その理由」などををシッカリと伝える必要がある。

タイトルとURLをコピーしました