理系技術者が転職する場合にオンライン面接で失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合にオンライン面接で失敗する場合

理系技術者が転職する場合にオンライン面接で失敗する理由

理系技術者が転職する場合に「オンライン面接」で失敗する理由は、面接官が仕事内容を細かく知らない場合も多いので、自己紹介が上手くできないからです。

例えば、「自分は専門は金属工学だが、お客様へ提案できる自社プロダクトもあったので、製品の企画・提案等、営業も担当できます。」と言えば、なんとなく即戦力となる人材としての雰囲気のアピールにはなりますが、相手にそのビジネス内容を正確に理解してもらうのは困難です。

オンライン面接では、出来るだけ採用側に理解してもらいやすい説明をする必要があります。 まずは、相手のこと・相手にどのように説明すればわかりやすいかを研究しましょう。

採用担当者は、書類審査で「志望動機の有無」「コミュニケーション能力」「パソコンスキル」などをチェックしますので、研究データをもとにアピールポイントを盛り込みましょう。 研究データとしては、解決してきた課題や研究テーマなどをアピールするのが効果的ですが、研究内容ばかりをアピールするのは避けましょう。オンライン面接で伝わりやすいよう、わかりやすい説明を心がけると、相手にアピールが伝わりやすくなると思います。

理系技術者が転職する場合にオンライン面接で好印象を得るポイント

理系技術者が転職する場合にオンライン面接で好印象を得るポイントは、まずビジネスマナーに気をつけて話すことです。

エンジニアのオンライン面接の合格率は、最初に話すプロフィールと過去の成績がポイントとなると言われています。オンラインで答えることになるため、履歴書の職務経歴書とは違ったことを答えることも多いようです。

そのため、よくある質問に対して、できるだけ理想的な回答ができることがポイントになります。技術者として、どんな研究や実務に携わっていたかを話し、エンジニアとしての実力をアピールすると良いでしょう。コミュニケーションについて力を入れていることを書くこともポイント(技術者は特に)です。

オンライン面接の合格率を高めるために、転職活動を始めると自分をアピールすることが必ず必要になります。話す内容の内容だけでなく、話し方も含めて事前に検討することをお勧めします。印象が良くわかりやすい自己紹介を作り、効果的に自分を売り込めるようにしましょう。

また、技術的な質問には慣れていることが、オンライン面接ではとても重要になります。聞かれる可能性が高いことは、事前に確認しておいた方が良いでしょう。技術的な専門用語を理解して、相手にわかりやすいように話せるように練習しておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました