理系技術者が転職する場合にオンライン面接使うツールに不慣れで失敗する場合

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職する場合にオンライン面接使うツールに不慣れで失敗する場合

理系技術者が転職する場合にオンライン面接使うツールに不慣れで失敗する理由

結果が全てである以上、転職は 「努力して努力をしたからといって、必ず結果が出るわけではない」 部分が必ずあります。転職を成功させようとしたら、事前に転職の覚悟を決めて転職活動をする必要があるのです。

なぜならば、転職は、厳しいことを言いますと、「やってみないと絶対にわからない」ことなのです。やってみれば分かることもあれば、やってみなければわからないこともあります。

理系技術者が転職する場合に「オンライン面接使うツール」に不慣れで失敗する場合も、最近ではたまにあるようです。この点について対策は色々あるはずです。事前に動作確認しておく、どんなツールで実施されるかを聞いておく、録画練習をしておくなどです。

信じられないことですが、直前までバタバタしてしまう人も結構います。準備不足が招いたトラブルに対応できなければ、それだけで信用を失います。また、回線の速さもかなり印象に影響するとの情報もあるので、そういうところも踏まえて準備しておくのが良いでしょう。

理系技術者が転職する場合に「オンライン面接で使うツール」への対応は、転職エージェントと事前に確認しておく方が良い理由

理系技術者が転職する場合に「オンライン面接で使うツールへの対応」は、転職エージェントと事前に確認しておく方が良い。

その理由は、オンライン面接をすると「履歴書・職務経歴書」で得られる情報が文字だけではかなり限定的なものになってしまうことが挙げられます。特に、面接の時間の使い方、人となり、入社意思がどの程度あるのか等といったことに関しては、直接、話さなければわかりません。

そのために転職エージェントとオンライン面接に向けて事前の打ち合わせをするのですが、その際にオンライン面接に必要なツールを確認しておくとよいと思います。

まず、大前提として面接は直接相手と話すことが一番のコミュニケーション力向上につながりますので、面談に行くことが基本になります。面談に行くことが難しいという方は、電話面接をする転職エージェントもありますので、事前に確認しておきましょう。

また、実際にオンライン面接をする場合に利用する、「ビデオチャット用機器・アプリ」などの扱いに慣れておくのは、当然のことです。

タイトルとURLをコピーしました