理系技術者が30代で転職するとき地方転職を考える人が増えている理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者が30代で転職するとき地方転職を考える人が増えている理由

理系技術者が30代で転職するとき地方転職を考える場合のポイント

理系技術者が30代で転職するとき地方転職を考える場合のポイントは、エリア、そして年収の3点です。 技術職は給与が上がる仕事ではありますが、勤務地によっては同じ仕事をしている人同士でも給与に開きが出ることも珍しくありません。 勤務地と給与のバランスを一番に考えなければなりませんから、まずは希望する場所の求人内容をよく調べることをおすすめします。

ある程度広い地域で探した方がいい場合には、転職サイトの担当者に自分の希望を伝えることで、エリアを提案してもらうことも可能です。 また、現在勤めている企業から転職したときの年収がどの程度になるのか事前に調べてもらってから転職することをお勧めします。

特に転職サイトの中には、現在の給与と転職の年収の差額をまとめて計算してくれるサービスがあるところもあります。 転職を成功させるためにも、転職サイトの担当者に今後の転職についてしっかりと伝えておくことがポイントです。

自分のスキルを最大限に生かした転職を心がけましょう。 大学で学んだことを活かしたい!エンジニアへの転職は可能? 工学部で学んだことを生かしてキャリアアップを図りたいという人もたくさんいることでしょう。

理系技術者が30代で転職するとき地方転職を考える場合は転職エージェントを活用するのがおすすめな理由

理系技術者が30代で転職するとき地方転職を考える場合は転職エージェントを活用するのがおすすめな理由は、案件数があるからです。一般に、土木や建築など技術系の技術は転職する数が多いのに対して、機械や電気といった分野は応募者の数が少ない。そういう業界なので、大手の転職エージェントを通していないと案件をもらいにくかったり、また非公開で求人を出すこともあるので、自分で転職活動をしなければ未経験の分野で転職できません。

ところが、エージェントを通じて転職エージェントが持っている案件を紹介してもらって応募すると、企業側の担当者は応募書類を見て合いそうなところを選んでくれるから、未経験でも大丈夫な案件に応募できるわけです。だから地方のエンジニアに地方で働くことをすすめていて、転職エージェントを活用すると仕事が紹介されやすくなるというお話をさせていただいています。

機械や電気、土木・建築系技術者を対象にして転職支援サービスを提供する転職エージェントは数多くありますが、エンジニアの場合は特に地方への転職を考えているならビズリーチを活用してください。エンジニアのビズリーチにはどんな案件があるかというと、土木・建築系エンジニアの案件は100件以上あります。

タイトルとURLをコピーしました